人に与える印象を認識しましょう【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今日は、人にどう見えているのか、という自分の印象を認識していただきたい、というお話をしたいと思います。

この印象によって、話し方にも工夫が必要になってくるからです。

 

例えば、私は人前に立つ時、自分としては自信がなかったり、緊張していたり、焦っていたりしても、

人からはそうは見えないらしいのです。

『いつも落ち着いて、自信満々に見える』

と言われたりします。

別々の人たちから何度も言われていることなので、そうなのだ、と認識しています。

 

これは、私の表情・しぐさ・行動・目線・声のトーン・話す速さなどなど、全般的なことから受ける印象なのでしょう。

私自身は意識していないので、どこをどうしているから、というのは分かりませんが、

普段からあまりドタドタ動かないタイプかもしれません。

マイペースなので(笑)

ということは、自信がなかったり焦ったりしても、そうは見えないわけですから、その点は、私の利点として受け入れています。

無理に取り繕う必要がないので、ラクなのです。

 

ですが逆に、私が自信満々に話してしまうと、人からはちょっと傲慢・自信過剰に見られる恐れもあって、注意が必要だとも思っています。

 

同様のことは、生徒さんを見ていてもよく感じます。

『人と話すのが苦手なんです。』とおっしゃる方でも、こちらから見たらそんな風に見えない方がいらっしゃるんですね。

その人の話し方や表情や態度や声などをチェックしての印象です。

とても人懐っこく、話しやすい雰囲気をまとって、落ち着いて話されているように見えるのです。

 

だから、ぜひ自分のその印象を、話す時に有効活用してくださいね!と伝えています。

人に与える印象によって、話し方を工夫する・有効活用するとは、どういうことなのか?

いくつか例を挙げてみますね。

 

  1. 柔らかく優しい印象の方
  2. チャキチャキした印象の方
  3. カッチリした印象の方

1.柔らかく優しい印象の方

このタイプの方は、声に感情が乗ることが多く、相手に好感を持ってもらいやすいため、話を聞いてもらいやすいメリットがあります。

 

ただ、自分の主張をしなくてはいけない場面では、説得力のなさや頼りなさを感じられてしまうことがあるため、

思っているよりも強めに話してちょうど良いでしょう。

 

大事な箇所は強調したり、繰り返したりして、相手の印象に強く残るように工夫すると良いです。

そんな風に強めに主張しても、押し付けがましくならないところがお得なタイプです。

 

2.チャキチャキした印象の方

少し高めの声で、早口で話すタイプの人は、チャキチャキした印象を持たれることが多いです。

このタイプの人は、聞き手を置いてけぼりにして、自分のペースで進めがちで、聞き流される可能性が高くなります。

 

話の大事な箇所だけを、間を置いてゆっくりと話す工夫をするだけで、緩急がついて要点が分かりやすくなります。

言葉に強弱をつけるのではなく、「ゆっくり」と「間(ま)」がポイントです。

 

これが出来れば、話の中に丁寧さや、聞き手に寄り添っている印象がプラスされます。

 

3.カッチリした印象の方

カッチリ、固い印象を持たれる方は、聞き手との間に見えない壁が出来てしまいがちです。

 

このタイプの方は、話の中に、自分自身の経験や、気持ちなどをうまく盛り込むと良いでしょう。

 

話す側の個人的な気持ちや、弱さなどを感じることで、聞き手は「心」を感じて、話に興味を持ちます。

そして、しっかりと説明しなければならない箇所では、自然と誠実さが出るので、そこは利点として有効活用しましょう。

 


上記はあくまでも一例ですが、人からの印象によって、話をする時に適切な工夫をする、ということがご理解いただけたでしょうか。

人に与える印象は、自分自身の工夫次第で、利点にもなり、欠点にもなり得ます。

まずは自分がどんな風に見えるのか、を認識するところから始めてみてください。