聞き手に嫌な印象を与える文末の癖【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今日は、話の文末、つまり一文が終わる時の話し癖について書こうと思います。

話の文末というのは、例えば、

『~です。』

『~ます。』

『~でしょうか。』

など、文章で言うと句点「。」が付く場所、話のセンテンスが一旦終わるところです。

 

話の文末は、話している中で、何十回・何百回と出てきますので、

この文末の話し方に癖があると、それはそれは耳に付くわけです。

 

そして、この文末の癖だけで、聞き手に嫌な印象を与えること必至です。

以下のような話し方をしていないか、チェックしてみてください。

 

  1. 文末が消える
  2. 文末が伸びる
  3. 文末が強く上がる
  4. 文末が平坦

1.文末が消える

文末が消えてしまう人は、私は一番多く見ます。

これは、なかなか本人も周りも気付きにくいのかもしれません。

消えるというのは、

『〇〇はご存知でしょう()。』

『そのため、〇〇が必要になるんで(すね)。』

上記のちょうど( )内が、息交じりで、ほとんど声が出ていない状態です。

 

文末の1~2文字が消えているだけなので、それまでの流れから、話の内容は分かるのですが、

話の最後がふわっと終わってしまいます。

よく言えば、柔らかい印象ですが、

癖として何度も続くと、頼りない印象・自信なさげな印象・弱々しい印象を与えてしまいます。

相手の気持ちを動かすよう説得する時や、意見を主張する時などは、特に致命的になるでしょう。

 

文末まで、しっかりと音として出るようにするには、腹筋の支えが重要なポイントです。

話の終わりまで、腹筋でしっかりと支えて声を出しましょう。

 

腹筋が使えていない、もしくは話の終わりに緩めてしまうことで、文末が消える癖が出やすいです。

 

2.文末が伸びる

文末が伸びる癖がある人も多いですね。

『〇〇はご存知でしょうかぁ。』

『そのため、〇〇が必要になるんでねぇ。』

 

また、このタイプの方は、文中の助詞も伸びることが多いので、

全体的に怠慢な喋り方・間延びした喋り方になってしまいます。

 

『〇〇はぁ、ご存知でしょうかぁ。』

『そのためぇ、〇〇がぁ、必要になるんですねぇ。』

 

こういった話し癖は、若い頃に注意されて気を付けている方も多いかもしれません。

聞き手には、軽い印象・誠意のない印象・不真面目な印象を与えてしまいます。

 

頭の中で一生懸命に整理しながら話そうとすることで、無意識に言葉を伸ばして、”考える時間”を作っていることもあります。

一定のリズムのようなものが出来て、話しやすくなる面もあるでしょう。

 

まずは、文末だけでも短く終わらせることを意識すると、印象が随分変わると思います。

伸ばす癖のある方は、文末に『っ』を入れるような意識で話してみましょう。

『~でしょうかっ。』

『~になるんでねっ。』

 

3.文末が強く上がる

強めの文末で、さらに音の高さが少し上がる方もいらっしゃいます。

『〇〇はご存知でしょうか↑。』

『そのため、〇〇が必要になるんですね↑。』

言い聞かせているような話し方ですね。

 

目下に対しての指導などであれば良いのですが、

そうでなければ、押し付けがましい印象・上から目線の印象を持たれます。

一番、聞き手に反感を持たれやすいタイプでしょう。

反感を持たれてしまうと、聞き手は心をブロックしてしまいますので、話自体が伝わらなくなってしまいますね。

 

このような癖がある方は、文末に力を抜くよう心掛けるのも良いですが、

もっと簡単な方法は、笑顔で話すことです。

笑顔になることによって、見た目の印象が良くなることに加えて、

表情筋が上がることで、声が鼻~頭の方へ響きやすくなり、柔らかい声に変わる効果があるからです。

 

4.文末が平坦

文末が平坦に終わる癖がある人は、まさに棒読みに聞こえます。

『〇〇はご存知でしょうか(→)。』

『そのため、〇〇が必要になるんですね(→)。』

そして、文中にもあまり抑揚がついていない方が多いです。

言葉に感情が乗らないので、聞き手の心に働きかけるような効果が生まれません。

ぶっきらぼうな印象・取っつきにくい印象・共感してもらえなさそうな印象を聞き手に与えがちです。

 

聞き手から興味を持ってもらえるチャンスが少なくなるので、

本人としては、緊張しながら一生懸命に話をしても、徒労に終わることがあるでしょう。

 

原稿を読むことによって、文末が平坦になる癖が出てしまう場合は、

なるべく箇条書きのメモを見ながら、自分の言葉で話せるように練習しましょう。

 

また、日本語の文は、出だしの文頭の声が高めに始まって、

文末の声は「少し低くなる・少し小さくなる」ことが多いので、

しっかりと一文を収束させる意識を持って、練習してみましょう。

〇〇が必要になります。』

赤字(高) → 青字(低)に向かって、緩やかに音が下がっていきます。

 


文末の癖を直すだけで、話全体の印象がかなり変わります。

話している印象が変わるということは、今までうまくいかなかったことが、うまくいくようになったり、人間関係が良好になったりと、人生が変わるきっかけになりますよ。