今日からすぐできる!話が伝わる、分かりやすくなる、おもしろくなる、一番簡単な方法”接続詞”②【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただき、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、

今日からすぐできる!話が伝わる、分かりやすくなる、おもしろくなる、一番簡単な方法”接続詞”①

の続きとして、書いていきます。

前回の記事をまだ読まれていない方は、上記リンクからどうぞ。

 

さて、前回は、「話が伝わる・分かりやすくなる・おもしろくなる、一番簡単で、すぐできる方法」とは、

「接続詞」を効果的に使うこと!だとお伝えしました。

 

そして、最後に演習を出していましたが、皆さん、挑戦していただけましたか?

 

もう一度、前回の演習を下記に提示します。

個条書きメモ(いわゆるカンペ)の順番のとおりに話を組み立てていく時に、接続詞を効果的に使って”お話”にしてください、

という内容でした。

 

演習1:個条書きメモ

①最近、お腹周りが気になる40代から50代に人気の飲み物が、黒ウーロン茶


②脂肪の吸収を抑える効果があり、気軽に続けられる、「メタボの中年の味方」だそう


③若い世代にも、甘いものを思いっきり食べる時のお供として、密かな人気


④私の娘も、太りたくないからと、スナック菓子やケーキと一緒に、よく黒ウーロン茶を飲んでいる


⑤黒ウーロン茶は、”痩せ薬”ではない


⑥私自身は、健康的な食生活が基本で、黒ウーロン茶を取り入れる程度がよいと思う

人それぞれに、様々な接続詞を使って、個性的な”お話”が出来上がると思います。

以下に、接続詞をつけてみた解答例を提示しますので、ご自身の”お話”と比べてみてください。

 

演習1:解答例

①最近、お腹周りが気になる40代から50代に人気の飲み物が、黒ウーロン茶です。 


なんでも、脂肪の吸収を抑える効果があって、かつ、気軽に続けられる、メタボの中年の味方なんだそうです。


その一方で、若い世代にも、甘いものを思いっきり食べる時のお供として、密かな人気だそうです。


事実、私の娘も、太りたくないからと、スナック菓子やケーキと一緒に、よく黒ウーロン茶を飲んでいますね。


ですがそもそも、黒ウーロン茶は、”痩せ薬”ではありません。


⑥私自身としては、健康的な食生活を基本にして、それに加えて、黒ウーロン茶を取り入れる程度がよい思っています。

いかがでしたでしょうか?

ご自身の”お話”とは、違っていましたか?

(国語としては”副詞”に分類されるものも、ここでは接続詞に含めています)

 

さて、解答例としては、一文の中に一つ以上接続詞を入れていますが、これは必須ではありません

全ての文(の特に頭)に、接続詞をつけなければいけないわけではない、ということです。

 

接続詞は、たくさんつければいいのではなく、効果的に使うものですから、いらないと思えばつける必要はありません。

逆に、接続詞をあえてつけない、という話の表現方法もあります。

(その場合は、声や間(ま)等を使って、流れや強調を表現していきます)

 

では、少し解答例を解説していこうと思います。

なんでも、脂肪の吸収を抑える効果があって、かつ、気軽に続けられる、メタボの中年の味方なんだそうです。

なんでも』は、他にも『聞くところによると』等の接続詞をつけてもいいですし、

『40代の友人が言うには』等、別の言葉をはさんでもらっても、しっくりくると思います。

ここは、特に接続詞をつけなくても問題はありません。

 

 

かつ』は、『脂肪の吸収を抑える効果がある』のと『気軽に続けられる』というメリットが、

同列に2つあることを明確にするため
に入れました。

他にも『また』や『あと』など、似たものを並べる接続詞を使って、うまく言葉をつなげてもらうのでも良いと思います。

 

その一方で、若い世代にも、甘いものを思いっきり食べる時のお供として、密かな人気だそうです。

その一方で』は、直前までは中年世代の話をしていたので、違う観点の話(若い世代)を始めることを強調するために、つけました。

この他にも、『一方』や『それとは別に』などの接続詞も、同じ働きをします。

 

ここで、『また』という接続詞をつける人も多いかもしれませんが、

『また』は、似たような内容の話を付け足すイメージです。

『一方』とつけることで、違う内容の話をすることを、明確にできます。

 

この辺りが、接続詞の真骨頂です。 

 

事実、私の娘も、太りたくないからと、スナック菓子やケーキと一緒に、よく黒ウーロン茶を飲んでいますね。

事実』は、直前に言ったことの証拠となる事例を示したいために、つけました。

その他にも、『実際に』や『その証拠に』や『それを裏付けるように』など、同じ働きをする接続詞があります。

 

こういった、”事例を示して話に説得力を持たせる”ことは、プレゼンテーションやスピーチなどでも、重要な部分になります。

ですから、話の中に埋もれてしまわないように、接続詞を使って「これが証拠ですよ」ということを強調するのが効果的です。

 

ちなみに、証拠の事例ではなく、「具体例をあげる」時には、『例えば』『具体的には』等の接続詞をつけて話を進めましょう。

 

ですがそもそも、黒ウーロン茶は、”痩せ薬”ではありません。

ですが』は、ここで今までの話の流れとは反対の内容のことを言っているので、このような場合の接続詞は、必ずつけることをおすすめします。

つまり、話の内容が急に逆転しているので、初めに接続詞でそのことを示さないと、聞き手は”話の迷子”になってしまいます

 

ですが』の他にも、『しかし』『ですけど』『が、』『けれど』『しかしながら』など、話が逆転する時の接続詞は、硬いものから、くだけたものまで、色々とありますので、

聞き手との関係や状況に応じて、またご自身のキャラクターに応じて、使い分けていただければと思います。

 

 

そもそも』は、”今まで話していたことはさておき、一般的に考えると・・・”みたいなイメージですね。

つける必要性は低いかもしれませんが、「みんなの共通の見解」として、聞き手に共感してもらう効果があります。

話し手だけの意見を言っているのではなくて、「確かにそうだよね」と聞き手にも改めて思ってもらえるので、心をつかむポイントとも言えます。

 

⑥私自身としては、健康的な食生活を基本にして、それに加えて、黒ウーロン茶を取り入れる程度がよい思っています。

ここは、解答例では、話の頭には接続詞をつけませんでした。

ですが、もしつけるとするなら、直前の話の流れを受けて、自分の意見を言っているので、

『ですから』や『だから』をつけてもいいですし、『だからこそ』という接続詞をつけて、最後の自分の意見を強調しても良いと思います。

 

 

話の途中の『それに加えて』は、『健康的な食生活』に追加する・プラスする、という意図を強調するためにつけました。

この接続詞が必須なわけではありませんが、つけないと、話のまとめの「自分の意見」の部分が、聞き手の印象に残りづらいかもしれません。

 


このように、接続詞は、話の流れを明確にして「分かりやすい話」にするだけではなく

話し手の意図を表現にしたり、言いたいことを強調したり、聞き手に共感・興味を持たせたりと、

伝わる話」・「惹きつけられるおもしろい話」にする効果もある
のです。

 

さて、奥深い接続詞ですから、次回も続けて書きたいと思います。

今日からすぐできる!話が伝わる、分かりやすくなる、おもしろくなる、一番簡単な方法”接続詞”③

ぜひご覧くださいね。