“張りのある声”と、”張り上げた声”の違いとは?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回のタイトル、”張りのある声”と”張り上げた声”の違いって、皆さんはお分かりになりますか?

 

「声を張り上げれば割りと大きな声が出るが、普段の声は弱々しい」という方もいらっしゃいます。

また、「人前で話す時には声を張り上げているので、セミナーなどで長く話していると、喉がツラくなる」というご相談を受けることも少なくありません。

 

そして、レッスンでも、頑張って声を出そうと、声を”張り上げて”しまう方がいらっしゃるんですよね。

 

“張り上げた声”とは

声を張り上げて話す人は、大抵、上半身に力が入っています。

特に、や、や、の辺りですね。

 

のど周辺に力を入れて、長く話していると、のどに負担がかかります。

そして、本人がそうやって力(りき)んで”頑張って”いるからこそ、“頑張っている声”が出てしまうんです。

その”頑張っている声”を長く聞いていなければならなかった場合、聞き手は、疲れてしまうのですよね。

 

張り上げた声は、瞬発的に使うには、効果的です。

瞬時に声を届けたり、聞き手のテンションを上げたりできます。

 

ですが、セミナーやプレゼンやスピーチなどで、長く話す場面では、

声をずっと張り上げていると、こちらの想いが伝わらないことも多いのです。

聞き手からすると、声は聞こえているけれども、聞いていてしんどい・ストレスなので、無意識に耳をふさいでしまうかもしれません。

 

張り上げた声では、声の表現もつけづらいので、どこが大事で、どんな思いがあるのか、聞き手に分かってもらうことも難しいのです。

 

“張りのある声”とは

反対に、声を張り上げることなく、”張りのある声”で話している人は、ムダな力が入っていません。

上半身や顔もリラックスして、表情も豊かなのです。

 

のどを開いたまま、力をかけずに話すので、長く喋っていても、負担になることはありません。

なにより、聞き手が心地よく聞いていられる声なので、話の内容がすんなりと入ってくるんですね。

 

長く聞いていてもしんどくない・ストレスにならない声というのは、聞き手にとってもメリットが大きいのです。

 

こうした、「声を張り上げることのない”張りのある声”」は、腹筋を使って、吐く息に腹圧をかけることで作ることができます。

上半身はリラックスしたまま、腹圧の強さを調整することで、吐く息の勢い、つまり声のボリュームを調整できるのです。

 

腹筋は、のど周辺の筋肉などと比べても、強い筋肉ですから、”頑張る”ことなく、力をかけることができます。

そのため、リラックスした状態で、響きのよい声を出すことができるんですね。

 

まとめ

どうしても、人前で話す場面では、緊張感や、やる気があるでしょうから、”頑張ろう”という気持ちになると思います。

 

それはとても良いことなのですが、それが「頑張って声を張らなければ」になってしまうと、

聞き手にとっては、聞いていて疲れる”張り上げた声”になってしまいます。

 

リラックスしたまま、腹圧を使って”張りのある声”で話せることを、目指していきましょう。

今一度、人前で話している時のご自身の声が、”張り上げている声”なのか、”張りのある声”なのか、振り返ってみてくださいね。