PowerPointの作り方次第で、話し方のレベルも上がる!⑤【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

PowerPointを表示しながら、プレゼンやセミナーをする方に向けて、

PowerPoint(パワーポイント)の作り方を工夫することで、それに合わせた”話し方”もレベルアップする、

という内容の5回目です。

 

これまでの記事は、

PowerPointの作り方次第で、話し方のレベルも上がる!①

PowerPointの作り方次第で、話し方のレベルも上がる!②

PowerPointの作り方次第で、話し方のレベルも上がる!③

PowerPointの作り方次第で、話し方のレベルも上がる!④

上記リンクからどうぞ。

 

さて、今回は⑤として、

「画面切り替え効果で、話の構成を明確にする」

について、ご紹介していきます。

 

これまでの記事でも、話の構成が明確だと、聞き手は話の”迷子”にならずに、

頭を整理しながら、一つ一つ理解していくことができる、と書いてきました。

 

今回は、PowerPointの機能のひとつである「画面切り替え効果」を使って、話の構成を明確にしていく、というテクニックをお伝えします。

 

⑤画面切り替え効果で、話の構成を明確にする

PowerPointの画面切り替え効果は、次のスライドに切り替わる時に表示される、アニメーションです。

 

扉を開けるように動いて次のスライドへ移ったり、横に押し出されるように動いて次のスライドへ移ったりと、

たくさんの”動き”が用意されています。

 

この「画面切り替え効果」を工夫することで、話の構成を聞き手に分からせることもできます。

 

例として、次のような構成の7枚のスライドがあるとします。

  1. <タイトル>
  2. <見出し>教室で得られること
  3.   聞き手の心をつかむ声へ
  4.   伝える力を強化
  5.   印象アップ・魅力アップ
  6. <見出し>コンセプト
  7. <見出し>このような方へ

上記のような構成だと、

スライドの2枚目・6枚目・7枚目では、話のトピックが変わっています。

そして、2枚目のスライドの詳細として、3~5枚目のスライドを表示させるような構成です。

 

このようなPowerPointに、すべて同じ「画面切り替え効果」を付加すると、

最初から最後まで話がサラッと流れていく、もしくは、スライドごとに話がブツブツと途切れる

ような印象を与えることがあります。

 

もちろん、”話し方そのもの”の影響で、そうなってしまうこともありますが、

画面切り替え効果に変化をつけることで、話す側も、話の構成をしっかりと認識した状態で、話を進めやすくなります

 

そのため、スライドが切り替わる際の間(ま)の取り方や、接続詞などが変わってくるのです。

 

スライド(話)の構成に合わせて、画面切り替え効果に変化をつけた例

※スライド自体は適当に作っていますので、画面切り替えの動きだけご注目ください。

 

上の映像のように、スライドの切り替えと共にトピックが変わる時には、ガラッと大きく動くような画面切り替え効果をつけます。

それに合わせて話すことで、話題が変わるタイミングで、しっかりと間(ま)を取って話を進めることができます。

 

また、同じトピックが続く時には、”移り変わる”感じが少ない動きをつけると、話題がつながっていることが明確になり、

話す時にも、つながりを表す接続詞などをつけやすくなります。

 


画面切り替え効果をつけて、話の構成を明確にすることは、小さな工夫ではありますが、

伝わるために効果的なことは、細かいことでも試してみていただければと思います。

 

PowerPointの画面切り替えの動きは、様々なものが用意されています。

しかし、奇抜な動きを設定してしまうと、聞き手がそちらに気をとられて、”話”そのものから注意がそれてしまう可能性もありますので、

あまり凝りすぎないことも大切です。