話すスピードが、”ゆっくり”だと嫌がられる場合と、”速い”と嫌がられる場合①【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、話す”スピード”について、書こうと思います。

 

というのも、レッスン中に生徒さんに対して「話すスピードが速くて、聞いていて内容が入ってこない」という指摘をしたら、

『ゆっくり喋る人にイライラするので、そうなりたくないと思ってしまう』

ということを言われたからです。

 

なるほどー、そういう心理もあるのかーと納得しました(笑)

 

皆さんも、聞き手の立場の時に、ゆっくりマイペースに喋られて、ちょっとイライラしたり、退屈になったりしたことが、あるのではないでしょうか。

 

反対に、話している人のペースが速すぎて、理解が追い付かなかったり、なんとなくで聞き流してしまったりすることも、多々あると思います。

 

“話し方”の難しいところは、いつも同じペースで話していれば良いわけではない、ところですよね。

場面によって、また、話の内容によって、話すスピードを使い分けなければなりません

 

そこで、ゆっくり話すと嫌がられる時と、スピードが速いと嫌がられる時とは、それぞれどんな場面なのかを考えてみたいと思います。

 

ゆっくり話すと嫌がられる場合

ゆっくり話すことで、聞き手からちょっとイライラされたり、退屈がられたりする場合として考えられるのは、

  1. 一般的なあいさつや、世間話
  2. 聞き手が当たり前に理解できる(分かっている)こと
  3. 結論を後回しにした話

ではないでしょうか。

 

では、それぞれについて、例をあげてみましょう。

 

 

1.一般的なあいさつや、世間話

『本日は、お忙しいところお集りいただきまして、ありがとうございます。』

『暑い日が続いていますが、体調は崩されていないでしょうか?』

上記のような、ごあいさつや、世間話に近い話題を話す時には、ゆっくりとお話していては、退屈される可能性があります。

 

特に、話の本題に入る前に、ちょっとした”つかみ”として、近況などの他愛もない話をする場面では、

ゆっくりのペースで話してしまうと、聞き手の心をつかむことさえできません。

 

ごあいさつや、ちょっとした余談などは、明るくリズムよく話すのが良いでしょう。

 

2.聞き手が当たり前に理解できる(分かっている)こと

聞き手が当たり前に理解できること、分かっていること、というのは、聞き手の属性によって変わりますよね。

 

例えば、

『昨年、特許申請していました〇〇の技術が、無事申請が通りましたので、

△△は、この特許技術を使った製品第一号となりました。』

上記のような話をする時に、

聞き手が、特許技術や製品について全く詳しくなかったり、特許申請していたことを知らない人であれば、ゆっくりと説明しなければ話についていけませんが、

社内の人間で、製品や特許申請についての過程を知っているのであれば、“当たり前に理解できる報告事項”となります。

 

聞き手にとって、ゆっくりと順序立てて説明しなくても、何のことだか理解できる事柄なのであれば、

ヘンにゆっくりと話してしまうことで、イライラさせたり、もったいぶっているような印象を与えてしまうかもしれません。

 

聞き手の理解度に合わせて、話のスピードを変えることが必要です。

 

3.結論を後回しにした話

最後は、話の組み立て方の問題なのですが、

話の結論を先に言わずに、その根拠やエピソードを先に話してしまう場合です。

 

聞き手がまず「結論を聞きたい」と思っている場面では、その前段階の”話”をゆっくりマイペースにされると、

イライラしたり、聞き流したくなったりする可能性があります。

『私としては、朝の通勤ラッシュでかなりのストレスを感じて、

朝からムダなエネルギーを使ってしまいますし、

会社に到着した時点で、疲れてしまって、


仕事のモチベーションが落ちることも否めませんので、

フレックス勤務には賛成です。』

上記のように話す時、結論である『フレックス勤務には賛成です』の前に、その理由を長めに述べています。

 

その”理由の部分”を、ゆっくり話してしまうと、

「賛成か反対か、という結論を聞きたい」と思っている聞き手をイライラさせかねず、”理由”については聞き流されてしまうかもしれません。

 

逆に、先に結論を言ってから、後から”その理由”をゆっくり話すと、しっかりと話を聞いてもらえる可能性が高くなるのです。

 


このように、ゆっくりマイペースに話すことで、嫌がられる場合とは

話す内容に加えて、聞き手の属性や、話の順番によるところもあるのです。

 

無意識にゆっくりと話してしまって、聞き手を苛立たせていないか、ご自身の”話すスピード”も、場面によって気にかけてみてくださいね。

 

さて、次回は引き続き、話すスピードが速くて嫌がられる場合について書いていこうと思います。

話すスピードが、”ゆっくり”だと嫌がられる場合と、”速い”と嫌がられる場合②

話すスピードが、”ゆっくり”だと嫌がられる場合と、”速い”と嫌がられる場合①【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。