ホントは仕事が出来るのに、子供っぽく聞こえてしまう話し方とは【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。


私が普段から、もったいないなーと強く思うことの一つに、

「仕事が出来る人なのに、話し方の癖のせいで、子供っぽく稚拙な印象を与えてしまう人」

がいることです。

 

たまにいる、というレベルではなく、よくいるんです。

(教室でも、私がよく指摘することの一つです。)



“子供っぽく稚拙な印象”の話し方で、接客や、プレゼンなどをしたりすると、

聞き手からは、「あまり経験のない人なのかなー」とか

「大丈夫かなー」なんて思われかねませんよね。

 

そこまでひどくなくても、聞き手は無意識に頼りなさを感じてしまうかもしれません。



もちろん、色々と深くお話していくうちに、仕事がしっかりと出来る人なんだということは分かるのですが、

第一印象で損をすると、挽回が大変ですからね。

 

 

稚拙な印象になる話し方の癖とは

そもそも、私がよく見かける”稚拙な印象になる話し方”とは、どんな癖かというと、

「口の中が狭いまま、鼻の方へ声を響かせている話し方」

なんです。

 

“口の中が狭いまま話す”ということは、上あごと下あごがくっつき気味で、口の中の空間が、べちゃっと横長になっている状態です。

口の中がそんな状態では、声が”音”としてきれいに響きませんから、無意識に鼻の方へ響かせて話しているんですね。


 

といっても、あくまでも”鼻の方(鼻腔)へ響かせて”いるだけなので、鼻声になっているわけではありません

ですから、余計にその癖に気付きにくいんですね。

 

 

実は、私自身も、完全にスイッチOFFの時、家で家族と他愛もない話をする時などには、この話し方をするので、よく分かるのです(笑)

体がなまけ切って、口もなまけ切っている状態では、自然とそうなります。



ということは、多くの人も、同じような拙い話し方になっている可能性があるのです。

 

では、「口の中が狭いまま、鼻の方へ声を響かせている話し方」とは、どんな風に聞こえるのか、音声でお確かめください。

 

【稚拙な印象になる話し方】口の中が狭いまま、鼻の方へ響かせる

 

いかがでしょうか?



普段の何気ない会話では、なんとも思わないんですが、

人前に出たり、改まった場面になると、こんな話し方になる人、よくいませんか?

ちょっと子供っぽい印象や、洗練されていない印象になってしまうんですよね。

 


男性でも女性でも、よくいらっしゃいます。

 

仕事が出来る人なのに、人前でこの話し方になるのは、本当にもったいないです。

 

稚拙に聞こえてしまう話し方の改善方法

では、まず、上記の話し方を改善した音声サンプルをお聞きください。

【大人な印象になる話し方】

 

稚拙な印象になる話し方と、何が違うのかというと、

  1. 声のトーンを落とす
  2. 口(口の中)を縦に開ける

ことを注意しました。



これだけで、“デキる大人な”話し方に早変わりします。

教室のレッスンで、いつも生徒さんが速攻で改善されているので、間違いありません。

 

1.声のトーンを落とす

稚拙な印象になる話し方では、声が上ずって、鼻の方へ響かせてしまいますので、

少し声のトーンを落として、胸~喉の辺りに響かせるように話すと良いでしょう。

喉も広がりやすくなり、声の響きが良くなります。

 

腹式発声が出来れば、さらに完璧です。

 

2.口(口の中)を縦に開ける

口の中に、うずら卵が縦に入っているようなイメージで話していただくと良いのですが、

難しいようでしたら、口を縦に開けて、あごを下にガクーンと落とすようなイメージで話してみてください。

 

人前で緊張していたりすると、顔がこわばったり、無理に笑顔を作ろうとして、口の横にグッと力が入っている人が多いです。

口の横に力が入っていると、口を縦に開ける妨げになりますので、口の周りの力を抜くことも意識してください

 

まとめ

口の中が平べったい形のまま、話している人は、おおよそ拙い話し方や、洗練されていない話し方になってしまいます。

そして、人前できちんと喋ろうとしたり、緊張したりすると、声が上ずって、さらに子供っぽい印象の話し方になってしまうんですね。

 

仕事が出来る、信頼できる印象で話せているかどうか、今一度チェックしてみてください。