【生徒さんからのご質問】腹式発声では腹筋のどの辺の力を使うのか?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回の内容は、レッスンで腹式発声をやった時に、生徒さんからよく聞かれるご質問です。

腹式発声・腹式呼吸について、詳しくは下記のリンクよりご覧ください。

話す時に必要な腹式呼吸についてまとめ

 

さて、腹式発声は、肺の下の横隔膜という筋肉を、腹筋を使って押し上げながら声を出す発声法です。

 

でも、単に「腹筋」といっても、お腹周りの筋肉はいろいろとありますよね。

  • おへそのあたりの筋肉か?
  • おへそよりの筋肉か?
  • おへそのの筋肉なのか?
  • お腹まわり全体の筋肉を使うのか?

 

実際に、腹式発声を身につけようとしたときに、どこの腹筋をどう使えばいいのか?と迷われるようです。

 

頭で考えない方がいい

先ほど、腹式発声は、腹筋で肺の下の「横隔膜」を押し上げる、と書きましたが、

そもそも、「横隔膜」をしっかりと体で認識できて、腹筋ですぐに動かせる人は少ないと思います。

 

頭であれこれと、

「息を吸うときに、横隔膜を下げる」

「息を吐く時には、腹筋で横隔膜を押し上げる」

と考えながら、自分の体を動かそうとしても、思うように動いてくれないですし、それだけで手一杯になってしまいます。

 

さらに、腹筋のここら辺に力を入れながら・・・と考えて声を出す、ましてや話すとなると大変です。

 

人前で話している最中は、どう言おうか?何を言おうか?とものすごく頭を使いますから、

それに加えて、横隔膜の動きも考えながら呼吸して話すのは、至難の業ですね。

 

ですので、私は、初めは頭で考えて体を動かそうとするのをおすすめしていません。

 

自然と腹筋を使えるのが理想

そこで、自ら腹筋や横隔膜を”動かそう”とするのではなく、「声を出そうとすると自然と(勝手に)腹筋を使える」状態にしましょう。

 

そのためには、上半身をリラックスさせることが最も大切です。

 

 

では、以下の方法をお試しください。

  1. あお向けに横になって、全身の力を抜く

  2. そのまま改めて息を吸わずに、天井に声を当てるように「ハー」と息がなくなるまで声を出す

これを試したとき、自然とお腹辺りに力が入って、腹筋が動いたのではないでしょうか。

脱力状態で、声を出そうとしたら、体は腹筋を使うしかないからです。

 

この時に、勝手に体が反応して使った”腹筋”が、腹式発声で使うべき”腹筋”です。

 

声を出す時に、腹筋を自分で動かそうとすると、うまくいきません

あくまでも、脱力した状態から、天井に向かって声を当てることに集中しましょう。

 

あお向けに横になって、腹筋で横隔膜を押し上げる感覚をつかんだら、今度は、

  • イスにだらーんと腰掛けてやってみる
  • 少し姿勢を正してやってみる

と、徐々に話す時に近い体勢で声を出してみて、同じように自然と腹筋を使えるかどうか、試してみましょう。

 

姿勢を正すと、うまく腹筋を使えなくなる人もいらっしゃるのですが、それは、胸や肩や背中に力が入ってしまうからです。

 

姿勢を正すことで、上半身の無駄な力を抜く感覚が分からなくなったら、また、あお向けに近いダラーンと脱力した体勢に戻って行いましょう。

 

このようにして、腹式発声で使う腹筋を、自分で確認していってください。

自分の体が教えてくれるのです。

 

まとめ

腹式発声が身につかないうちから、自分でなんとか腹筋を動かそうと頑張ると、間違った方法で覚えてしまうこともあります。

 

まずは上記の方法で「腹筋を使って声を出す」感覚を、身につけていただければ、

徐々に、自分で腹筋の力加減を変えていくこともできるようになります

 

人前で話をするにあたって

  • 大きな声をポンっと出す時
  • 息が少なくなってきた状態で、息を続かせて話す時
  • 声のボリュームを絞って声を出す時

など、それぞれに、使う腹筋の場所や、力の割合が、微妙に変わってくるので、一概には”どの場所の腹筋を使う”と言えなかったりもします。

 

あお向けで脱力した状態で、声を出してみて、

「大きい声を出そうとすると、この辺の腹筋を使うな」

「息が少なくなると、この辺の腹筋に力が入ってくるな」

と、自分の体で確認してみてくださいね。