あなたも無意識にやっているかも!?話が分かりにくくなる抑揚のクセ【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、私が本当によく聞く「話し方の癖」について書いていきます。


今回の内容を、動画で端的にご覧になりたい方はどうぞ↓

 

あまりによく遭遇する癖なので、地方独特のイントネーションの一種なのかな?と思ったこともあるほどです。

(もしかしたら、関西の人に多いイントネーションかもしれません)

 

それはずばり、「助詞を一番高い声で強く言う」という癖です。

 

“助詞”を一番高い声で強く言う

例えば、

『去年の夏に 友人と ヨーロッパに 旅行しました』

と言うとしましょう。

 

この時に、助詞の「に」「と」「に」を、話全体の中で、一番高い声で、強く発音してしまうんです。

 

去年の夏 友人 ヨーロッパ 旅行しました』

 

音声サンプル:助詞を強く上げる癖

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

 

音声をお聞きいただいたらお分かりのとおり、

助詞の「に」「と」「に」だけが目立って聞こえてきて、

肝心な単語「去年の夏」「友人」「ヨーロッパ」が、相対的に沈んで目立たなくなってしまいます。

 

これだと、話を聞いている人は、言葉の一つ一つをしっかりと聞き取っていないと、

言っていることが分かりづらくなってしまいます。

 

また、助詞のところで、話が一回一回途切れてしまうので、

話全体として何を一番言いたいのかが、伝わらなくなるんですよね。

 

この癖は、他人から指摘されないと、自分では気づきにくいです。

 

ですから、自分の話を録音して聞いてみたり、

話をしている時に、”助詞”に意識を向けてみてください。

 

自分で、そんな喋り方をしていることに、驚かれると思います。

 

一生懸命に説明しようと、”気持ち”や、”力”が入った時に特に、この癖が顕著に出る人もいらっしゃいます。

 

さらには、普段の会話では、そんな癖はないのに、

仕事でしっかり話したり、人前で話す場面になると、途端に癖が出る人もいらっしゃいますね。

 

助詞に抑揚がついたらダメなの!?

話をしながら、気持ちが入ったり、ニュアンスを表現しようとして、

助詞「が」「に」「の」「を」「は」などが強く出たり、声が高くなったりすることもあると思います。

 

もちろん、それは「話の表現」として”あり”なんですよね。

 

伝えたいことが、難なく伝わるための表現なら問題ありません。

 

それに、助詞は、話の中でたくさん出てきますから、

そのうちのいくつかが目立ったところで、話全体としては影響がないのですね。

 

問題なのは、毎回、助詞が出てくるたびに、それが目立つように抑揚がつくことです。

 

話全体として、「言葉(単語)」よりも「助詞」のほうが目立つようだと、

耳ざわりになるし、話が伝わる障害になってしまいます。

 

抑揚のクセの改善方法

このような抑揚の癖を改善するには、次の2つのことを心がけましょう。

 

  1. 単語のほうを、少し高めの声ではっきりと発音

  2. 言葉のまとまりを意識

1.単語のほうを、少し高めの声ではっきりと発音

助詞の癖を直すために、話しながら“助詞”のほうを意識するのではなく、

“単語”のほうを目立たせるように話してみましょう。

 

単語を、少し高めの声ではっきりと伝えるようにすると、

自然と助詞は目立たなくなります。

 

2.言葉のまとまりを意識

助詞でつながる「言葉のまとまり」を意識しましょう。

簡単に言うと、文章に書いた時に、読点「、」を打つとおかしいところを考えます。

 

先ほどの例で、「、」をつけると少しくどくなるところはどこでしょうか。

『去年の夏に 友人と ヨーロッパに 旅行しました』

 

「ヨーロッパに旅行しました」は、つなげて言った方が、意味がすんなり伝わりますよね。

 

このような、一つのまとまった言葉としてつなげて話すように心がけると、

自然と助詞が目立つ話し方をしなくなります。

 

音声サンプル:単語を目立たせて、まとまった意味を伝える

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

 

まとめ

話の中で助詞だけが目立って、話がブチブチと途切れてしまう話し方の癖は、

話が聞きづらいだけでなく、稚拙な印象も与えてしまいます。

 

もちろん、話す側の言いたいことも、伝わりません。

 

これは、本当に多くの人の話し癖ですので、

もしご自分もやっていると気づかれたなら、すぐにでも改善しましょう。