早口を直そう!【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、早口についてです。

 

「早口」は、下記が、単独で、または両方原因になっていると、私は分析しています。

  • 一つ一つの「音」が短い
  • 間(ま)が短い

 

まず、一つ一つの音が短いというのは、例えば、

『おはようございます』

という時、『お』という音を発音して、すぐに次の『は』を発音してしまうということです。

一つ一つの音(『お』とか『は』とか)を、雑に発音してしまっている、とも言えます。

 

次に、間(ま)が短いのは、文章で書くところの、読点「、」や句点「。」で、間(ま)を取らずに、

すぐに次の話に移ってしまう、ということです。

聞き手からしたら、理解が追い付いていないうちに、次の話が始まるので、「早い」と感じてしまいます。

 

他人から「早口」と言われてしまう人は、まず、何が原因になっているのか、自分の話し方を振り返ってみましょう。

 

では、このような早口を直して、聞き手にとって伝わりやすい速さで話せるようになるために、気にしていただきたいことを3つあげます。

 

  1. 呼吸
  2. 口の中の空間
  3. 聞き手の反応

1.呼吸

早口の人は、呼吸が浅い場合が多いな、生徒さんを見て思っています。

息継ぎをする時も、見ていて気付かないほどの素早さで(笑)、ちょっとだけ息を吸って、すぐに使い切っている感じです。

もちろん、本人は無意識に浅い息継ぎをされています。

 

早口を直すのに効果的なのは、吐く息を腹筋でコントロールできる「腹式呼吸」です。

腹式呼吸で話せるようになれば、腹筋を使って息を押し出しながら、一つ一つの音を、丁寧に出すことができるようになります。

 

o Ha Yo』(おはよー)

の母音部分『o a o』が、しっかり音として出て、響く長さをコントロールできるようになるので、

一つ一つの音が短くなるという問題が解決できます。

 

また、腹式呼吸では、ゆったりと息継ぎをするため、間(ま)を適切にとった話し方が、自然とできるようになります。

 

腹式呼吸については、

伝わる話し方の基本!「話す時の呼吸」を身につける練習法

も併せてご覧ください。

 

2.口の中の空間

口の中の空間が狭いために、意図せず早口になっている人も多いです。

 

例えば、『そこ』と言うときを考えてみましょう。

ローマ字にすると『So Ko』となります。

 

口の動きとしては、子音S → 母音o → 子音K → 母音o

と続くのですが、

母音o」と発音した後(『そ』と言った後)に、口の中の空間がしっかりと「お」の形に開かず、狭いままだと

次の「子音K」へと、すぐに口が動いてしまいます。

 

母音o」で口の中の空間を広くとっていれば、

o→③K と口を動かすのに、物理的に時間がかかるので、早口が解消されるのです。

 

口の中の空間を広くとって母音をしっかりと形作ることは、早口だけではなく、言葉をはっきりと発音するためにも重要なことです。

 

練習方法として、

滑舌を良くして印象も良くなる!聞き手に言葉がはっきり届くようになる練習法①

も併せてごらんくださいね。

 

3.聞き手の反応

早口を直すための3つめのポイント「聞き手の反応」は、一番大事かもしれません。

 

やはり、聞き手の反応を常に見ながら、理解度に合わせて話す速さを調整していくことは、人前で話す時の基本です。

これができていないために、早口が直らないとも言えるでしょう。

 

常に「聞き手にとってどう聞こえているのか」を考えながら話すことができれば、

つい早口で言葉が聞き取りにくかったな、と気づいた時点で、もう一度言い直したり、

間(ま)をとれなかったと気づいた場合には、最後にこれまでの”まとめ”をゆっくり話したり、

と、対応することができるのです。

 

自分自身で、「今の話し方では早かったな」と、瞬時に気づけるようになることが、大切です。

そうすると、聞き手の反応を逐一確認できないような場面でも、どれくらいの速さが一番聞きやすいのか、感覚がつかめるようになります。

 


早口は、元々がせっかちだったり、焦りやすかったりと、性格的な要素もあるとは思いますが、聞き手のためにも、自分自身のためにも、

  1. 呼吸
  2. 口の中の空間
  3. 聞き手の反応

の3つのポイントをチェックして、徐々に直せるようになっていきましょう。

早口を直そう!【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。