話が聞きづらくなる原因の一つ、言葉の”なめらかさ”【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

話を聞いていて、なんだか聞きづらいなーと感じてしまう人がいますよね。

 

聞きづらい話は、聞く側は内容を把握するために、ムダに集中力を使わなければいけませんから、

ストレスを感じて、聞き続けることが嫌になります。

 

できることなら、聞き流してしまいたいと思うでしょう。

 

話が聞きづらくなる原因は、「声そのもの」であったり、「滑舌」の問題であったり、

はたまた「話の順序」「一文の長さ」の問題など、様々なのですが、

言葉の”なめらかさ”も一因としてあるのですね。

 

ここで言う”なめらかさ”とは、

言葉がスラスラと出てきて、流ちょうに話すこととは、ちょっと違います

 

話の中の「言葉と言葉」や、言葉を構成する「一音一音」が、なめらかにつながっている、ということです。

 

これは、発音や発声の問題です。

 

そして、そのような「言葉かなめらかではない話し方」をしている人は、たくさんいらっしゃる印象です。

 

 

では例として、 

『最近は、インターネットで食料品を買う人が増えているそうです。』

と言う時を考えてみましょう。

 

 

「言葉と言葉」がなめらかにつながっていない場合

まず、言葉と言葉が、なめらかにつながっていないと、

聞きづらい・分かりづらい話になってしまいます。

 

『最近は()インターネットで()食料品を()買う人が()増えている()そうです。』

 

上記の()の箇所で、わずかな間(ま)をあけて話してしまうと、

話がブチブチと途切れて、内容が伝わりづらくなります。

 

特によく聞くのが、

 

『最近は↑()インターネットで↑()食料品を↑()買う人が↑()増えている↑()そうです。』

 

のように、間(ま)をあける直前のだけ、声を高く上げて話す人です。

 

間(ま)の直前だけ声が上がることで、一層、ブチブチと話が途切れている印象になってしまいます。

 

音声例:「言葉と言葉」がなめらかではない

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください

 

これは、次の言葉が出てこないから間(ま)があいてしまうのではなくて、

それが「自分が言いやすいリズム」になってしまっているようです。

 

また、浅い呼吸が癖になっているために、このリズムが話しやすいと感じてしまうこともあるでしょう。

 

自分の言いやすさよりも、聞き手にとっての「聞きやすさ」を優先しましょう。

 

ここでは、意味がつながっている”言葉のまとまり”は、なめらかにつなげて言えるようになると、

聞きやすくなるだけでなく、内容の伝わり方が格段に違ってきます

 

 

上記の例だと、

『インターネットで食料品を買う人が』

『増えているそうです。』

がそれぞれ、意味のつながった”言葉のまとまり”ですね。

 

ですから最低限、まとまりの中では、言葉をなめらかにつなげて話す必要があります。

 

 

「一音一音」がなめらかにつながっていない場合

もう一つ、話が聞きづらくなる原因として、「言葉」単位ではなく、

「言葉の中の一音一音」がなめらかではないことがあります。

 

これは、そのような発音の仕方が癖になっている場合もあれば、

仕事や人前などで、いつもよりハッキリと発音しようとして、そうなっている場合もあるようです。

 

一音一音がなめらかではないと、いわば、機械音声に近い話し方になってしまうんですね。

 

『さ・い・き・ん・は・イ・ン・ター・ネッ・ト・で・しょ・く・りょ・う・ひ・ん・を』

のように、ここまで毎音途切れるわけではなくても、

ところどころ、言葉の途中で途切れてしまって、聞きづらくなるんですね。

 

音声例:「一音一音」がなめらかではない

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

  

言葉がなめらかで聞きやすくなるテクニック

「言葉と言葉」がなめらかでないことと、「一音一音」が滑らかでないこと、のいずれも、

話す時の息の使い方を変えることで、改善しやすくなります。

 

話す時には、息の流れの中に、言葉が乗っています。

 

ですから、吐く息を、途切れなく流すようにして声を出すことで、言葉にもなめらかさが出るのですね。

 

 

話す時に、息が口からまっすぐに流れていって、そこに一音一音が乗っていくイメージをしてみましょう。

 

 

 

さらに、腹式呼吸で話せるようになると、一層言葉もなめらかになって、聞きやすくなります。

 

腹式呼吸・腹式発声については、下記のリンクより過去記事をご覧ください。

伝わる話し方の基本!「話す時の呼吸」を身につける練習法

腹式呼吸・腹式発声を練習する多くの人が、出来ていないこととは?

 

 

ただし、これは単なる「滑らかになりやすい」テクニックでしかありません。

 

一番忘れてはならないのは、「言葉の意味」をしっかりと聞き手へ届けることです。

 

日本語を発しさえすれば、相手が言葉の意味を理解してくれる、という考えではなく、

話す側が、その意味を伝えようとして発音しましょう。

 

それだけで、言葉がなめらかになる部分もあるのです。

 

話が伝わらない最大の原因とは?

 

音声例:言葉がなめらかにつながっている

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

  


言葉がなめらかにつながらないために、話が聞き取りにくくなっていることは、

自分では気づきにくい部分ですし、他人からもなかなか指摘されないことですから、

自分のお話を、録音して聞いてみられるのが良いでしょう。

 

 

聞き取りづらい話だと思われないために、

  • 「言葉の意味」を考えて、聞き手へ届けようとすること

  • 吐く息がまっすぐ流れていくように話すこと

をお試しください。