プレゼンやセミナーで抑揚をつけて話すことは、”感情的に話す”こととは違う【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、「抑揚のある話をする」ということを掘り下げてみたいと思います。


今回の内容を、動画でご覧になりたい方はどうぞ↓



話の抑揚とは、

  • 声の高さ
  • 声の強弱
  • 声色
  • スピード

などに変化をつけて話すことですね。

 

「声の表情」とも言えるでしょう。



話している内容によって、声の表情が変わるので、

生き生きと話している印象になったり、

“言葉”で表現した以外のニュアンスや気持ちなどが、効率的に伝わるようになるんですよね。



これは、「会話のやりとり」だと、抑揚がつきやすいですね。

 

気を許した相手との気楽な会話であるほど、何も考えなくても勝手に抑揚がついて

感情がダイレクトに、声に乗っていると思います。

 

では、プレゼンやセミナーなど、仕事でしっかりと話す場面ではどうでしょうか。

これは、会議で発言したり、面接などで自己紹介をする時も同じですね。

 

会話のやりとりではなく、自分主導でしっかりと話さなければいけない場面では、

自分の「個人的な感情」は出すべきではない、と考えてしまうのではないでしょうか。



ですから、「仕事で、人前で話す時は、理論的に淡々と話さなければ」と、思って

無意識に”抑揚のない話し方”をしている人もいらっしゃるようです。



ですが、プレゼンやセミナー、面接など、理論的に話さなければならない場面こそ、

しっかりと伝えるための抑揚が必要になってくるんですね。

 

そして、そういった「しっかりと伝えるための抑揚」は、

気軽な会話で勝手につく抑揚とは違って、論理的に考えて、意識的につけていくものです。

 

「会話の抑揚」とは?

気楽な会話では、相手とのやりとりの中で、感情が入って大きく抑揚がつくことがあります。

無意識かとは思いますが、やりとりのなかで、

  • 声の大きさ
  • 声色

が大きく変わるんですね。

 

ビックリした時や、テンションが上がった時には、周りも驚くほど大きな声が出るでしょうし、

あまり大っぴらにしたくない話は、ひそひそ声になるでしょう。


また、悲しい話をする時には、悲しそうや声になって、相手も共感するようにあいづちを打ちます。

楽しい時は、自然と明るい声になるものです。

 

「しっかり伝える抑揚」とは?

対して、プレゼンやセミナーなど、自分が長時間、主導して話すような場面では、

声の大きさが、途中で大きくなったり小さくなったりすると、聞きづらいですし、

自分のその時のテンションによって、明るい声や暗い声に変わるのも、おかしいんですよね。

 

そこは、会話の時のように、大きく変化をつけるべきところではありません。



では、しっかりと伝える時に、どのように抑揚をつけるのかというと、

  • 声の高さ
  • スピード

の変化を意識すると、効果的に伝わるようになります。

 

これは、会話の時のように、自分の感情伝えるために抑揚をつけるのではなく、

聞いている人にとって、理解しやすいように、自分の意図を正確に把握してもらえるように

抑揚をつけて話を表現していくのですね。

 

話の中で、ポイントとなるキーワード(言葉)を、部分的に

  • 少し声を高く
  • 少しゆっくり

話すのです。

声の高さと、スピードに変化をつけることで、

「伝えるべきこと」が際立って聞こえてきて、聞き手はすんなり内容を把握できるようになります。

 

声の強弱の変化もあると良いのですが、これはやりすぎるとおかしくなりますので、

「この言葉はしっかりと伝えよう」という意識を持つだけで、適切な強さの変化がつくと思います。

 

また、しっかりと説明するところでは、落ち着いたトーンの声で、

ちょっとした余談や、ご挨拶などをする時には、明るいトーンの声で、など、

話す内容によって、声の質(声色)に変化をつけることで、印象良く話すことができます。

 

しっかりと話す時の抑揚については、過去記事にも書いていますので、

下記のリンクよりご覧ください。

声に表情をつけて、印象良く伝わる話に!

話に抑揚がないと言われたことありませんか?効果的な抑揚のつけ方のコツ

 

まとめ

このように、仕事などでしっかりと話す時には、

会話のやりとりとは違った”抑揚”が必要です。

 

気楽な会話では、自分の感情や、相手の感情に応じてついていた抑揚が、

自分主導でしっかりと話す場面では、「聞き手にとっての伝わり方」を考えながら、

論理的につけていく必要があるのですね。

 

つまり、「何を伝えなければならないのか」「この話をどう受け取ってもらいたいのか」を考えていなければ、

抑揚をつけることができないのです。



仕事では、自分の個人的な感情を入れずに、伝えるべきことをしっかりと考えて抑揚をつける、

まさに、これこそが、「理論的に話す」ということなのです。

 

 

プレゼンやセミナーで抑揚をつけて話すことは、”感情的に話す”こととは違う【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。