発表やスピーチで、原稿を”いかにも読んでいる風”にならないコツ【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。


今回の内容を、動画でご覧になりたい方はどうぞ↓
(ブログのほうが少し詳しく書いています)

 

 

発表をしたり、スピーチをしたりするときに、しっかりと原稿を書いて、それを本番で読むこともあるでしょう。

 

緊張しやすかったり、本番で自分の言葉だけで喋れない人は、原稿があると安心しますよね。

 

それに、原稿にまとめることで、

  • 言葉に無駄がなくなる
  • 時間通りに終わる
  • 話が脱線しない

などのメリットもありますから、「本番で原稿をそのまま読む」のも悪いことではありません。

 

ただ、「そのまま読む」だけだと、小学生の”本読み”みたいな拙い話し方になってしまったり、

話が伝わらなかったりするデメリットもあります

 

正直、「読むだけ」だったら誰でもできますから、

読むだけの発表やスピーチは、仕事の評価を下げてしまう原因にもなりかねませんね



そこで、「いかにも読んでいる風」にならずに、

まるで自分の言葉で話しているかのように聞こえて、話が伝わるコツを書いていきます。

 

まず、前提として、原稿を書くときには、自分が誰かに話をしているように”話し言葉”で書きましょう。

 

できるなら、実際にブツブツと声に出しながら、それを文字起こししていくように書くといいですね。

 

「自分の中から出てくる話の表現」と乖離しないように書くのが大切です。

 

原稿の書き方については、過去の記事でも書いていますので、

以下のリンクよりお読みください。

作文みたいな”話す原稿”を書いていませんか?

分かりやすいプレゼン原稿を書く時に留意すること

 

そのうえで、”いかにも読んでいる風”にならないために、

  1. 自分の言葉として発する

  2. 文末を下げて終わる

  3. 「しっかり」と「さらっと」の緩急をつける

上記の3つに気を配ってみましょう。

 

1.自分の言葉として発する

原稿を書く時点で、「自分の中から出てくる話の表現」を文字に起こすことができていれば、

その原稿を読んだとしても、自分の言葉として発したのと、大きな差はないはずです。

 

自分の話が、無駄なくまとまっているものが、原稿になっているのが理想です。

 

書いたものを声に出してみて違和感があるなら、修正してでも「本来の自分の話の表現」に近づけていきましょう

 

例えば、原稿には『〇〇ですから、』と書いていたとしても、それが自分の言葉として違和感があるなら、

口からスッと出る『〇〇ですので、』と書き換えるほうがいいんですね。

 

それくらい、自分の言葉としてすんなり発することができるように、

自分の中で、原稿に書いたことを消化していきましょう。

 

2.文末を下げて終わる

原稿を読むときには、文末が毎回、

『○○です』『○○ます』と、声が上がって終わったり、

『〇〇です』『〇〇ます』と、声が平坦にふんわり終わったりしがちです。

 

そうすると、棒読みに聞こえて、稚拙な話し方になりますので気をつけましょう。

 

原稿の文末は、

『〇〇です』『〇〇ます』と、ちゃんと”終わり”と分かるように、声を下げて、ピシッと終わるように読みましょう。

 

単純なことなのですが、原稿を読みだすと出来ない人がいますので、

これだけでも、話の印象がずいぶん違います。

 

3.「しっかり」と「さらっと」の緩急をつける

文字を読むとなると、全部の言葉が”同等”に見えてしまいます。

 

その感覚のまま読み進めると、ずっと話のリズムが一定で、”文章を読んでいます”感が出てしまうんですよね。

 

そこで、原稿の内容よく吟味して、

  • しっかり伝えるべきところ
  • さらっと流すところ

を考えてみましょう。

 

例えば、

①『今月の売上についてご報告します。』

②『今月は、前月比102%という結果となりました。』

 

①②の順番で読む時を考えてみます。

 

ここでしっかりと伝えるべき言葉は、

  • ①の『今月の売上』
  • ②の『前月比102%』

です。ここさえしっかりと伝われば、あとの言葉は、原稿通りでなくても全く問題ないですよね。

 

つまり、

『についてご報告します』のところは、『についてです。』でも構わないし、

『という結果となりました』のところを、『でした。』と言っても、同じです。

どう言おうが重要ではないので、さらっと流せばいいんですね。

 

しっかり伝えるべきところは、ゆっくり・ハッキリと話して、

さらっと流すところは、少し早めのペースで、会話の時と変わらないように言うのがいいでしょう。

 

 

「しっかり」と「さらっと」の箇所を誤らなければ、話は伝わります。

 

ハキハキ話そうとして、最初から最後までゆっくり・ハッキリ話してしまうと、

“原稿を読んでいる”話し方になってしまうので、気をつけましょう。

 


せっかくしっかりとした原稿を書かれたのに、

それを披露する時に、”ただ読んでいるだけ”になってしまうと、話として伝わらなくなって、もったいないです。

 

  1. 自分の言葉として発する

  2. 文末を下げて終わる

  3. 「しっかり」と「さらっと」の緩急をつける

この3つを意識して、”文字”を”話”に変えて伝えられるようにしましょう。