作文みたいな”話す原稿”を書いていませんか?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。


今回は、プレゼンやスピーチなど、人前で話す時に書く”原稿”に注目してみます。

 

話すための原稿を書く経験が豊富な人って、あまりいらっしゃらないのではないかと思います。



人前で話す機会ができた時に、とりあえず原稿を書き始めることになると思うのですが、

どうしても「話すための文章を書く」となると、「作文」のノウハウで書いてしまうんですね。

 

これは、日本の国語教育の弊害かも!?なんて大それたことを思ったりもします。(笑)



私たちは、小さい時から、国語で文章を読んだり書いたりすることは、よく学習しましたが、

日本語で”人前で話す”ことを教育として受けてきてないんです。

 

 

私が作文っぽいと思う原稿には、2つ特徴があります。

 

  1. 一文の中に言葉が多い
  2. 今、何の話をしているのか分かりづらい

1.一文の中に言葉が多い

作文でなくても、仕事の文書を書く時なども同じで、一文の中に、たくさんの単語を詰めこんでしまう人が多いです。

つまり、「読む文書」としては特に問題がなくても、

「話として聞く」となると、聞き手は一時的に情報過多で、話が分かりづらくなってしまいます

 

例えば、次のような原稿を考えてみましょう。

 

『当社の製品は、品質にこだわっており、原材料の麻は100%国産、

経験豊富なベテラン職人が一つ一つ丁寧に、国内工場で手作りで製造しているため、

なかなか手に入らない本物志向のかた向けのバッグです。』

上記の原稿は、一文(「。」で終わるまで)の中に、ものすごい情報量なのが、お分りでしょうか?

 

これは、文字で見ているので、普通に理解できる文章なのですが、

“話”として聞いた時、聞き手は、一気にたくさんの”言葉”を投げかけられるため、頭で消化しきれません

 

この原稿を普通に言うのに、20秒くらいでしょうか。

その20秒の間に、聞き手は、

  • 品質
  • 原材料
  • 100%国産
  • 経験豊富
  • ベテラン職人
  • 丁寧に
  • 国内工場
  • 手作り
  • 本物志向
  • バッグ

と、たくさんの単語を一度に受け止めることになるのです。

 

そこで、これを「話すための原稿」に変えるには、一文の中に情報を一つか二つに絞りましょう。

 

『当社の製品は、なによりも品質にこだわっています。』

『まず、原材料の麻は100%国産です。』

『そして、工場も国内にあって、経験豊富なベテラン職人が一つ一つ丁寧に手作りしています。』

『なかなか手に入らないバッグですから、本物志向のかたにおすすめです。』

このように、話す原稿を書く時には、一文の中の情報を少なくして、聞き手が一つ一つの情報を順番に、漏れなく理解できるように工夫しましょう。

 

2.今、何の話をしているのか分かりづらい

ダラダラと文章を書いてしまって、話がどう転がっているのか、構成が分かりづらいのも、作文っぽい原稿の特徴です。



聞き手からすると、話の構成が分からないと、”話の迷子”になってしまいます。

今の瞬間に言っていることは理解できても、全体として何が言いたいのか?

話の中で、今は何について説明されているのか?

が分からなくなってしまします。

 

そうすると、要点が伝わらない、”ぼんやりした話”になってしまうんですね。

 

 

そこで、話のまとまり(章)ごとに、「導入」と「まとめ」を入れましょう。

これは、作文には書かないものですね。

例えば、

 

『まず、〇〇についてお話します』(導入)

(本文)

『そのため、〇〇は、△△です。』(まとめ)

『今、〇〇についてでしたが、それを踏まえて××のお話をします』(導入)

(本文)

『このように、××は、△△です。』(まとめ)

『これまで、〇〇と、××についてお話してきました。』(まとめ)


『続いては、□□を見てみましょう』(導入)

上記のように、話のまとまり(章)ごとに、今から何についての話なのか、どんな話題なのか(導入)を言って、

そのまとまりの終わりには、ここで言いたかったことをまとめます。



また、次のまとまり(章)に話が移る時には、これまでの話と、どう関連づいていたのか(導入)を言うことで、

話に流れができます。

 

さらに、いくつかのまとまり(章)を話した後には、これまでの振り返りとして、まとめの言葉を入れても分かりやすいでしょう。

 

このように、ダラダラと流れ続ける文章ではなく、話題ごとに「導入」の言葉や、「まとめ」の言葉を入れて、

それぞれの話題を関連付けていくことで、

ストーリー(流れ)がある中にも、話のまとまりや言いたいことが分かる原稿を書くことができます。

 

まとめ

プレゼン原稿、スピーチ原稿を書く時、無意識に、昔書いた作文のように書いてしまっていないか、チェックしてみてください。

 

原稿の段階では、”文字”であり”文章”ですが、

聞き手の前で話した時には、それは”音”となってその場で消えてしまうことを意識する必要があります。

 

聞き手に負担をかけない原稿を書けるようになりましょう。

 

作文みたいな”話す原稿”を書いていませんか?【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。