分かりやすく・印象良く伝えるコツは、話の中の”キーワード”の扱い方【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川顕子です。



今回は、話が分かりやすく・印象良く伝わるコツとして、

抑揚のつけ方を、少し細かく述べたいと思います。



話の抑揚は、

「伝わる」か「伝わらないか」を左右する、大事な要素です。




特に、スピーチ・プレゼン・発表など、人前で話したり、

ビジネスシーンで説明をしたりする場面では、

話の中の”キーワード”が際立って聞こえるように、

抑揚をつけると良いですね。



話の中の”キーワード”とは、

「ここが大事!」

「ここは間違えないで!」

というポイントとなる言葉ですね。




例えば、

『60代から80代を対象にした講習会を、毎月第3月曜日に行っています。』

と言うときを考えましょう。



ここでは、

『60代から80代』

という、対象となる年代と、

『第3月曜日』

という日程は、

間違えられてはいけないポイントとして、しっかり伝えるべきですね。




そこで、これらの言葉が、際立って聞こえるように

これらの言葉だけを

「少し声を高く」

「ゆっくり・ハッキリ」


発音
して、抑揚をつけると良いでしょう。




詳しくは、過去記事にも書いていますので、

参考になさってください。

話に抑揚がないと言われたことありませんか?効果的な抑揚のつけ方のコツ

話の中で大事なポイントを確実に伝えるコツ

話の抑揚ひとつで、説得力が出たり、嘘っぽくなったりする




では、話の中のキーワードを際立たせようとするときに、

分かりづらい・印象の悪い話し方になってしまう抑揚のパターンをご紹介します。


悪い例:キーワードを投げつけたように聞こえる

話の中の大事なキーワードを、一生懸命に伝えようとすると、

無意識に、声が強く出てしまって、

聞き手に言葉を投げつけたような、

丁寧さに欠ける印象の話し方になってしまう場合があります。



音声サンプルをお聞きください。

音声サンプル:キーワードを投げつけたように聞こえる

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください



伝えたい気持ちは分かるのですが、

聞いた印象が良くないですね。



大事な言葉は、聞き手に”投げつける”ように発するのではなく、

“丁寧に渡す”・”届ける”意識を持って話すと、

印象良く伝わるようになります。


話がグンと伝わるコツ!聞き手へ話を「届ける」感覚とは?


悪い例:キーワードを自分の中だけに留めているように聞こえる

話の中のキーワードを、高い声でゆっくり言って、

抑揚はついているけれど、

聞き手のほうへ言葉が届かず、

自分の中だけで話しているような印象に聞こえる場合があります。



印象としては悪くないのですが、

せっかくの大事な言葉が、しっかりと届かないので、

抑揚があるわりには、話が伝わりにくくなってしまうんですよね。



こちらも、音声サンプルをお聞きください。

音声サンプル:キーワードを自分の中だけに留めているように聞こえる

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください



話の中の大事なキーワードは、

聞き手にとってしっかりと聞こえなければ意味がありませんから、

キーワードを、少し前に押し出すように、

ハッキリと発音する
必要があります。



自己満足の抑揚ではなく、

言葉がしっかりと伝わる抑揚を心がけましょう。



では最後に、

大事なキーワードを、聞き手へ際立たせて届けるように話した場合の

音声サンプルをお聞きください。




分かりやすく・印象よく伝える:キーワードを際立たせて届けるように

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください


今回は、抑揚のある話をしようとするときに、

よくやってしまう、残念な話し方の例をご紹介しました。



分かりやすく・印象良く話すには、

話の中のキーワードを、

丁寧に聞き手へ差し出すように


「少し高い声で」

「ゆっくり・ハッキリ」

表現してみてくださいね。