自分に合った上達する話し方教室の選び方【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

話し方を改善したかったり、お悩みを抱えていたりする方は、話し方教室に通ってみようかな~と、ネットなどで探されると思います。

その時に、教室を選ぶポイントとして、

  • 場所(通える範囲か)
  • レッスン方法(オンライン・対面)
  • 料金
  • 開催日時(曜日)
  • レッスン内容
  • 講師との相性

など、人によって重視する点がありますよね。

 

この中で、「場所」「料金」「開催日時(曜日)」など関しては、ホームページなどに記載があったり、問合せたりして確認できるのですが、

「レッスン内容」や「講師との相性」に関しては、実際に行ってみて、自分で確認するのが一番です。

通えそうな教室があれば、まずは体験レッスンに行ってみるのも良いでしょう。

 

ただ、話し方教室に初めて行かれる方であれば、実際に体験レッスンを受けられても、

「そのレッスン内容が本当に自分に合っているのか」

「そのレッスンを受けて、自分は上達できるのか」

という判断は、難しいと思います。

そうなると、いくつか体験レッスンを廻っても、

こっちの方がレッスンが面白そうだったとか、

こっちの教室の方が料金が安い・通いやすいとかの理由で、教室を決めてしまいがちです。

 

趣味の延長線上で、ちょっと話し方も習って楽しく上達すればいいな、という目的であれば、ご自身が楽しく続けられるところを選ばれれば、それでよいと思います。

ただ、自分の目的のために上達したい!悩みを解消したい!という方は、やはり

「レッスン内容が、自分の上達に必要か・目的に合っているか」

という指標は大切です。

 

そこで、様々にある話し方教室の特徴や、メリット・デメリットなどを挙げてみますので、教室選びの一つの参考にしていただけたら幸いです。

 

  1. 集合レッスンで、皆の前で話すことが中心の話し方教室
  2. コミュニケーションが中心の話し方教室
  3. 音楽スクールが母体の話し方教室
  4. カリキュラムが決まっている話し方教室
  5. 個人レッスンで、オーダーメイドレッスンの話し方教室

1.集合レッスンで、皆の前で話すことが中心の話し方教室

集合レッスンの教室は、わりに多い気がします。

個人レッスンよりも、料金が安めで、気軽に通いやすいかもしれません。

 

メリットとしては、やはり、皆の前で話す実践訓練ができることです。

人前で話すことに慣れてないために、上手く話せない・緊張してしまう、というタイプの方には、

とにかく人前に立つ場数を踏めるので、良いのではないでしょうか。

場数を踏んで慣れていくうちに、だんだん話せるようになった、という方もいらっしゃいます。

また、他の生徒さんの話や、それに対する講師の評価を聞くのも、勉強になるものです。

 

デメリットとして、集合レッスンなので、レッスン時間の中で、自分が話す時間が短い、細かいことまで見てもらえない、ということはあるでしょう。

 

2.コミュニケーションが中心の話し方教室

話し方の中でも、周囲の人と会話するのが苦手なタイプの方は、コミュニケーションを中心に教えてもらえる教室をお勧めします。

例えば、職場で周りの人の輪に入っていけないとか、

何気ない雑談をして楽しく会話することができないとか、

会話が続かなくて話題が思い浮かばない、

というような方には、良いと思います。

最近では、婚活で異性と上手く会話したい、という要望もあるようですね。




集合レッスン・個人レッスンともにありますので、通いやすいところから行ってみましょう。

人との会話は好きだけれど、人前で話すのが苦手で克服したい、というタイプの方は、レッスン内容が合わない可能性もあるので、よく確認しましょう

 

3.音楽スクールが母体の話し方教室

音楽スクールは、ボーカルのクラスがあるので、歌やボイトレの技術を応用して、話し方も教えているところがあります。

また、音楽スクールが母体ではなくても、講師がボーカルや声楽出身の場合は、このカテゴリに入るでしょう。



メリットとしては、ボイトレのメソッドによって、声の響きや発声の仕方などを専門的に教えてもらえることです。

声が小さいとか、もっと通る声を出したいとか、声が息交じりなど、声に関するお悩みが中心の方には良いと思います。

また、歌や音楽が好きな方にとっては、講師との話やレッスンも楽しく感じられるのではないでしょうか。



デメリットとしては、講師が、音楽のプロではあっても、話のプロではない場合があることです。

集合レッスン・個人レッスンともにありますが、声のことをしっかり改善するなら、個人レッスンの方が上達は早いでしょう。

 

4.カリキュラムが決まっている話し方教室

すでに、コースやカリキュラムが決まっていて、コースごとに料金設定がされているような話し方教室もあります。

通う教室だけではなく、最近ではオンラインレッスンが出来るところもあるようですね。

 

メリットは、やはりカリキュラム化できるほど、万人にとって重要なポイントや方法を、体系的に学べるところかと思います。

論理的に段階を経て学んでいきたいタイプの方や、話し方やコミュニケーションに関して総括的に学びたい方には、合っているのではないでしょうか。

カリキュラムの中から、自分に必要な部分を取捨選択して取り入れられるのであれば、上達につながりますね。

また、カリキュラムがあるといっても、教室によっては、その人に合わせて必要なことを重点的に教えてくれるところもあると思いますので、どのようなレッスンなのかよく確認しましょう。

 

デメリットは、自分に必要なことだけを効率的に学びたい方には、余剰な内容もあることでしょうか。

また、カリキュラムの内容をうまく自分に取り込めない場合には、知識はついても上達はあまりできない可能性もあります

これも、集合レッスン・個人レッスンともにありますが、やはり集合レッスンだと、自分が話す時間があまり取れないデメリットはあるでしょう。

 

5.個人レッスンで、オーダーメイドレッスンの話し方教室

コミュニケーション中心の個人レッスン・オリジナルレッスンの教室もありますが、ここには入れず

2.コミュニケーションが中心の話し方教室

にカテゴライズしています。

 

音楽スクールが母体で、個人レッスン・オリジナルレッスンの教室は

3.音楽スクールが母体の話し方教室

にカテゴライズしていますが、ここ(以下)も参考にしてください。

 

当教室は、こちらのカテゴリに入ります。

個人レッスンですから、集合レッスンよりも料金は高くなりますが、

レッスン日時が固定ではない場合が多いので、都合によって通いやすいでしょう。

 

メリットは、なんと言っても、その人の苦手なところを改善し、良いところを伸ばす、ということが効果的に出来ることです。

講師が、今その人に必要なレッスンを毎回行ないますし、生徒さんの方から、これがやりたい!と要望をして、希望通りのレッスンをしてもらうこともできます。

そして、実に細かいことまでマンツーマンで辛抱強く教えてもらえるので、上達には一番早いと言っても過言ではないでしょう。

 

デメリットは、人前で話す実践練習ができないところです。

話し方に自信が付いてきたら、次は人前で話す練習をしたい、と思われるようになるかもしれませんが、

本番で試していただきながら、技術を磨いていくことになります。

 

教室によっては、集合レッスン・個人レッスンの両方を行なっているところもありますので、両方のレッスンを受けてみるのも良いでしょう。

 

また、講師も、

  • アナウンサーなどの話すプロの場合
  • 話すプロではないが様々な経験から話し方レッスンをする場合

と様々で、得意分野が違えば、アドバイスする視点も違ってきますので、講師のプロフィールも確認してみましょう。


カテゴリを5つに分けましたが、話し方教室は本当にそれぞれに特徴や得意分野があり、完全に分類できるわけではありません。

  • 集合レッスンと、個人レッスンの両方を行なっている
  • カリキュラムありの講座と、オーダーメイドレッスンの両方をやっている
  • 音楽スクールが母体だけど、話のプロの講師もいる

など、ミックスして色々な特徴があったり、複数の形式のレッスンを行なっている教室もありますので、よくご検討くださいね。