声の印象で損してませんか?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、声の印象について書きたいと思います。

 

「メラビアンの法則」では、人の第一印象を決める要素として、

耳からの情報(声)は40%弱を占める、

と言われています。

 

ちなみに、目からの情報(見た目)は、55%ほどを占めるそうです。

 

印象を良くしようと、”見た目”を気にする人は多いですが、”声”を気にする人はそこまでいないのではないでしょうか。

ですが、声も、見た目に劣らないほど、その人の印象を大きく左右するのです。

 

声と感情は密接な関係があるので、大抵の人は、楽しければ声も明るく柔らかくなり、

ムスッとしていれば、声も暗く怖い響きになります。

ですから、笑顔でいれば印象は良い、というのもあながち間違っていません。

 

ですが、「声の印象」と「感情」が一致しづらい人がいるのです。

また、「声の印象」と「その人の性格」が一致しない場合もあります。

 

そんな人は、本人はそんなつもりはないのに、第一印象として誤解されやすいんですね。

私がよく出会うのは、次のようなタイプの方です。

 

  1. 声が固くて、感情が乗ってこない
  2. 声が弱々しくて、性格と一致しない

1.声が固くて、感情が乗ってこない

このタイプの方は、結構多いように思います。

また、普段の会話ではそこまで気にならないけど、

人前で話すと、より一層固い声になってしまう方もいらっしゃいます。

 

このような人は、知らず知らずのうちに

  • 「ちょっと、取っつきにくそうな人だな」
  • 「聞きたいことがあるけど、質問しづらい空気だな」
  • 「人柄が見えないから、あまり深く付き合いたいと思わないな」

というような印象を持たれがちです。

 

たくさん会話をして、人柄を分かってもらえるなら良いのですが、

ビジネスなどでの第一印象としては、もったいないですよね。

 

このタイプの方は、顔の表情も固いことが多いのです。

話す時も、口があまり動いてなかったり、動いていても口先だけで表情筋が動いてなかったりします。

それは、笑顔で話していても、同じです。

笑顔のまま、特に口の周りの筋肉が固まってしまっているんですね。

人前で緊張すると、それが余計に顕著になってしまいます。

 

声を柔らかく響かせ、感情を乗せやすくするために、まず顔、特に口周りの力を抜きましょう

力が抜けているからこそ、口角~頬の表情筋がよく動くように、リラックスします。

普段から表情が動いていない人は、笑顔を作ってもあまり頬が上がりませんので、鏡をみながらやるのをお勧めします。

 

そして、声が鼻先の方に当たるようなイメージで、「まー」と声を出してみましょう。

鼻先に声を当てる時に、より一層、表情筋を使って、上顎を上のほうへ引き上げ

目と眉も、上へ引き上げる感覚で行います。

 

この感覚が掴めるようになったら、笑顔のまま鼻先の方に声を当てながら、

『こんにちは』や『ありがとうございます』など、短い挨拶の言葉を、気持ちを込めて言ってみましょう。

 

鼻腔から頭蓋骨の方へ声を響かせることで、柔らかい声になります。

表情筋をリラックスさせて、普段から表情豊かになるようにするだけでも、随分変わってくると思います。

 

2.声が弱々しくて、性格と一致しない

本当は、とてもしっかりして、仕事も出来るのに、

声が弱々しいために、頼りなさそうな印象に見えてしまう方も、よくお見かけします。

また、すごく体力があって芯が強い性格なのに、そうは見えずに誤解されることもあるでしょう。

 

このようなタイプの方は、人前で話しても説得力が出なかったり、聞いている人を不安にさせたりしがちです。

これも、本人のせいではなく、声だけの印象でそうなってしまうので、本当にもったいないです。

 

声が弱々しい人には、なんと言っても腹式発声をお勧めします。

腹式発声については、

話す時に必要な腹式呼吸についてまとめ

上記リンクもご覧ください。

 

リラックスしながら、お腹が膨らむように息を吸って、

声を出す際に、腹筋で息を押し出す感覚で、発声します。

そうすると、安定した太い声が出るようになります。

 

また、声が上ずって軽い声になっている場合も多いので、

普段より少しだけ低いトーンの声で、胸に響かせるようなイメージで「はー」と声を出す練習をしてみましょう。

 

話す練習をする時は、心持ちゆっくりと落ち着いて話すようにします。

丹田辺りに”気”を下ろして、どっしりとしたイメージを自分で持つのも効果的です。


 

上記に挙げた以外にも、声の印象で損をしている人はいらっしゃると思います。

 

ですが、発声の仕方や響かせ方を変えていくことで、声の印象、ひいてはご自身の第一印象を変えることができます

印象が変わることで、これまでとは仕事のやりやすさや、人間関係がガラっと変わることもあるはずです。