スピーチ原稿を、”読んでいる人”と”覚えている人”の話の間(ま)【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。


今回は、スピーチの時の話の間(ま)についてです。



他人のスピーチなどを聞いていると、間(ま)をとらずに話していたり、同じ長さの間(ま)を何度もとっている人が、とても多いと感じます。


聞き手が置いてけぼりで、どんどん先に話を進めていくような印象を持ちます。

なぜかなぁと考えると、スピーチのための原稿を書いて、それを読んでいる人や、覚えている人に多い気がしました。

 

スピーチ原稿を読んでいる人の間(ま)

原稿を読んでいる人は、当然、意識は原稿の文字にいっています。

文字の通りに言葉を発することに、一生懸命になってしまうんですね。

そして、原稿の文字で見ると、読点や句点は、どれも同じ「、」や「。」です。

ですから、律義に「、」と「。」が出てくるたびに、同じような間(ま)をとってしまいます。

 

 

原稿を読みながら話す人は、小学校の時の本読みの感覚で読んでしまうんですよね。

「、」と「。」では、間(ま)をあけると習ったのではないでしょうか。

 

スピーチ原稿を読むときには、文字ではなく、文章の意味を考えて読みましょう。



そのためには、

  • 一文の中で、間(ま)をとるところだけに読点「、」を打っておく

  • 話が変わるところは、段落を分けて、行間を広くとる

など、原稿を書く時点から、どこで間(ま)をとるのかを考えて、パッと見て間(ま)をとる箇所が分かるように作ることが大切です。

 

スピーチ原稿を覚えて喋っている人の間(ま)

スピーチ原稿を書いて、さらにそれを覚えて話している人の意識は、自分の頭の中にあります。

暗記した原稿を、頭の中でなぞることに必死になってしまうんですね。

 

そうすると、すっと思い出せた箇所は、間(ま)をとらずに喋って

一瞬、思い出せなくなった箇所では、話の内容に関わらず、間(ま)を長くとってしまう、という話し方になります。


暗記した文章を、本番で頭から取り出せるかどうか、テストみたいな自分との闘いになりますよね。

 

それだと、どうしても聞き手は置いてけぼりの話し方になってしまって、お互いに有意義な時間になりません。

 

そこで、原稿を書いて覚えるのであれば、何度も声に出して練習して、本番では勝手に口が動いてくれるくらいになりましょう。

そして、練習では、必ず、前に人がいることをイメージして、その人たちに対して話すようにシミュレーションしましょう。

練習から、”自分との闘い”にはならないように。

 

 

そこまでのレベルで覚えるのが難しければ、メモを作って、見ながら話すほうがいいですね。

 

まとめ

特にスピーチや発表では、人前で話すのに慣れていないと、原稿を読んだり、書いたものを暗記して話したりする人が多いのではないかと思います。

そうすると、話の間(ま)のとり方がおかしくなるだけでなく、

聞き手に意識が向かない話し方、すなわち、聞いてもらえない話し方になってしまいがちです。

 

原稿を書く時や、練習をする時から、間(ま)を意識するようにしましょう。

話の間(ま)は、意識すれば簡単に改善できるのに、話の伝わり方を変えてしまうほどの大事な要素であることをお忘れなく。