ハキハキと印象良く話すために、注目すべき3つのこと【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

今回の内容を動画でご覧になる場合はどうぞ↓

 

「ハキハキと印象よく話したい」と思っていらっしゃる方は多いと思います。

 

そして、周りのハキハキと、感じよく喋っている人を見て、

「自分と何が違うんだろう??」と思われることはないでしょうか。

 

ハキハキ話す人と比べて、

「声が明るい?」とか、「滑舌が良い?」など色々と違いを考えて、

ちょっと真似た声を出してみたり、早口言葉を言ってみたり、する人もいらっしゃいます。

 

ですが、残念ながら、声を明るく(高く)してみても、早口言葉を言ってみても、

話す時に「ハキハキ」した印象にはならないことも多いでしょう。

 

なぜかというと、「ハキハキとした良い印象で話す」根本は、もっと別のところにあるからです。

 

ハキハキと印象よく話したい!と思ったら、まず注目すべきことは、

 

  1. 言葉は、一つ一つの音から成っていること

  2. 「音」を「意味」に変える気持ち

  3. 声の高さの変化

の3つです。

 

1.言葉は、一つ一つの音から成っていること

私たちは、物心ついた時から言葉を発していますから、

「発音する」という行為に、無意識・無頓着だったりします。

 

例えば、

『先日はありがとうございました』

と言うような時にも、

『先日』という言葉や『ありがとうございました』という一つ一つの言葉を、無意識に発音していると思います。

 

聞き返された時に、ちょっとはっきり言おうと意識されるぐらいでしょうか。

 

そうすると、長年の癖も加わって、一音一音の発音が曖昧になるんですよね。

 

『せんじつは』が、『せじすあ』に近い発音に聞こえたりするわけです。

 

「話」は、一つ一つの「言葉」から成っているし、

「言葉」は、一つ一つの「音」から成っているのですね。

 

 

『先日』という一塊のなかに、『せんじつ』という4つの音がある、と改めて認識して、

それら一つ一つを、話の中で丁寧に発音しようとするだけで、言葉がはっきりします。

 

たったそれだけのことで、きちんとした印象を与えることができるようになるのです。

 

2.「音」を「意味」に変える気持ち

話の中の一音一音を意識して、はっきりと話せるようになったとしても、

その発した言葉を、「ただの音」にするのか、「意味のある言葉」にするのかは、発した人次第です。

 

言葉は、基本的には「ただの音」です。

その音の組み合わせで意味が分かるのですね。

 

でも、『ありがとうございました』とはっきり発音したからと言って、

相手に、その本当の意味、つまり「感謝の気持ち」が伝わるとは限りません。

 

「音の組み合わせ」である言葉に、意味づけをして発することが出来る人は、

言いたいことが伝わるし、良い印象を持たれるのです。

 

反対に、単に発音するだけして、

その言葉への意味づけを、相手に任せてしまう人の話は、伝わらないし、印象が悪いのです。

 

『先日はありがとうございました』と言う時にも、

『せんじつ』という言葉の意味を相手と共有できるように、「先日」のことを想って発音したり、

当然『ありがとうございました』と言う時には、感謝の気持ちを込めて言うことが出来る人は、

魅力的で、印象良く映ります。

 

3.声の高さの変化

明るくハキハキと話している人の、話す時の声を、よく聞いてみて下さい。

実は、高めの声・低めの声などを様々に使って、お話をされているんですね。

 

これは、その人自身の元々の声が、高い声か低い声か、ということは、関係ありません。

その人の中での、高めの声と低めの声を織り交ぜて話しているのです。

 

 

ハキハキ話すために、滑舌ばかり気にされる方が多いですが、

話しながら、声の高さに変化をつけて話すことで、「ハキハキと印象よく」なるのですね。

 

逆に、どれだけ滑舌良く話しても、声の高さが一定であれば、印象は良くないのです。

 

声の高さに変化をつける方法については、過去の記事に書いていますので、

以下のリンクよりお読みください。

話に抑揚がないと言われたことありませんか?効果的な抑揚のつけ方のコツ

ハキハキ話すために意識したいのは、アクセントとイントネーション①

ハキハキ話すために意識したいのは、アクセントとイントネーション②

 

まとめ

このように、ハキハキと印象よく話すためには、

単に明るめの声を出せばいい訳でも、滑舌さえよくすればいい訳でもありません。

 

  1. 言葉は、一つ一つの音から成っていること

  2. 「音」を「意味」に変える気持ち

  3. 声の高さの変化

の3つを意識して、お話をしてみてくださいね。