話すときに”声の表現”をつけるのは恥ずかしい!?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

今回の内容を、動画で端的にご覧になりたい方はどうぞ↓

 

当教室は、マンツーマン専門ですから、

「話に抑揚がない」ことが伝わらない原因になっている人には、声の表現をレッスンします。

 

つまり、話している中で、声の高さや、スピードや、強弱などに変化をつけて

自分の言いたいことが効率よく伝わるようになるレッスンですね。

 

話の表現や、抑揚について、詳しくは下記のリンクより、過去記事をご覧ください。

話に抑揚がないと言われたことありませんか?効果的な抑揚のつけ方のコツ

プレゼンの成功に欠かせない!話の表現力

話の中で大事なポイントを確実に伝えるコツ

話の抑揚ひとつで、説得力が出たり、嘘っぽくなったりする

声に表情をつけて、印象良く伝わる話に!

 

話が分かりにくい人や、話すことに自信がない人の大半は、この”声の表現”が出来ていなくて、

どうしても一定のトーンでお話をしてしまいます。

 

そうすると、どれだけ良いことを言っても、どれだけ話がきれいにまとまっていても、

退屈されたり、聞き流されたりして、結局内容が伝わらなくなるんですね。

 

これは、仕事で自分が主体となって話す、説明や報告の場面、

また、プレゼンやスピーチなど人前で話す場面で、より一層顕著になります。

 

私は、“声の表現”は、聞き手の心をつかんで、伝わる話をするために、必須のスキルだと思っています。

 

ですが、”声の表現”のレッスンをすると、

『こんな風に話すのは恥ずかしい』

とおっしゃる方が、たまにいらっしゃるんですね。

 

なぜかというと、これまで、ほぼ一定のトーンで抑揚なくお話をされてきた人は、

「表現をつけて話す」ことは、「大げさに演技をして話している」ように感じられるから、だそうです。

 

つまり、これまでの自分とは違う人みたいに話さないといけないから、恥ずかしい、ということですね。

 

“声の表現”をつけても、傍から見ると大して変わっていない

声に表現をつけて話すことは恥ずかしいから、普段はできない、とおっしゃる方には、

話しているところを、録音や録画をして確認をしていただきます。

 

そうすると、「別に演技がかっていることもなく、いたって普通」だと分かっていただけます。

 

録音・録画を確認してから、

『こんな風に話すのは、大げさすぎて恥ずかしいと思っていたけど、これぐらい表現して、やっと普通のレベルになるのが分かりました。』

とおっしゃる方もいて、

実は恥ずかしいと思っていたんだー!と思うこともあります(笑)



そう、声の高さを少し変えたからといって、少し強弱やスピードに変化をつけたからといって、

その人のキャラクターや印象は、なに一つ変わらないんですよね。

 

ただただ、話が少し聞きやすく、伝わりやすくなるだけです。

 

声の表現は、特別なことでもなんでもなく、話が上手い人は、みんな自然と出来ていることなんですね。

 

「恥ずかしい」のは、慣れていないゆえの自分の感覚だけです。

 

本当に”恥ずかしい”のは、話が伝わらないこと

自分が「恥ずかしい」と感じるのと、

他人から「あの人は恥ずかしい」と思われること、

どちらが本当に恥ずかしいでしょうか?



おそらく後者のほうだと思います。

 

声に表現をつけて、伝わるように適切な抑揚をつけて話すことは、

慣れるまでは、自分は「恥ずかしい」と思ってしまうかもしれませんが、

他人から見たら恥ずかしいどころか、話が聞きやすくて、生き生きと話している好印象な人です。

 

でも、抑揚のない話し方で、伝わらない話をずっとしている人は、

自分では何とも思わなくても、

他人からは、「話が分かりにくい」「退屈」なんて思われてしまうわけです。



特に人前で話す場面では、聞き手は、話の内容が頭に入ってこないと、

注意を向ける対象が、”話の内容”から”話している人そのもの”へ移るのですね。

 

つまり、話している”人”を、より一層観察してしまって、

「あー焦っているなー」とか「あ、いま噛んだ!」など、内容以外のことに注目されるのです。

 

そのほうが、よっぽど恥ずかしいですね。

 

自分の「恥ずかしい」感覚は、「伝わる話ができる生まれ変わった自分」に慣れていないだけです。

 


あまり抑揚のない話し方を自覚されていたり、自分を外向きに表現することが苦手な人は、

話をするときに、自分の声を使って「言いたいことを表現する」のを恥ずかしいと感じることもあるかもしれません。

 

ですが、伝わる話ができる自分に変わりたい!のであれば、恥ずかしがらずにやるべきです。

 

いつまで経っても分かりにくい話をしている方が、本当は恥ずかしいのですから。