人前で話す時のあがり症克服には、まず原因を探りましょう【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

プレゼンテーション・スピーチ・発表など、人前で話す時に緊張される方は多いと思います。

もちろん、私も緊張します!(笑)

人前に出て緊張することは、体の反応として当然のことなのです。


ただ、緊張するだけなら良いのですが、緊張したせいで自分の思うように話せなくて、残念な思いをすることが続くのであれば、対策をとらなければなりません。

緊張をやわらげる方法については、

人前で緊張せずに話すために本番前に試したいこと

人前で話す時のあがり症の症状と対策

にも記載していますので、上記リンクからご覧ください。



今日は、緊張する”原因”について深く掘り下げてみたいと思います。

緊張する原因は、人それぞれに違うため、それに対処する方法も違うからです。



皆さんは、なぜ人前で話そうとすると、ひどく緊張して、普段通りに振る舞えないのだと思われますか?



私が思いつく、あがり症の原因は、大きく分けて以下の3つです。

 

  1. 失敗したくない
  2. 自信がない
  3. 子供時代のトラウマ

1.失敗したくない

単に「失敗したくない」と書きましたが、これは、

  • 「失敗するのが怖い」
  • 「以前、緊張して失敗したから、またするかもしれない」
  • 「他人からの評価が気になる」
  • 「他人から〇〇と思われないだろうか」

などなど、「評価」や「結果」を気にすることが、緊張の原因になってしまっている場合のことを指しています。

皆さんは、いかがでしょうか?

 

私は、この気持ち、よーく分かります。

私が人前に立っておかしな緊張の仕方をする時、このような「自意識」が自分の心を占めていることに気付いたのです。

反対に、自分の「評価」や「結果」なんて気にせずに話せている時は、スーっと緊張が消えていくことも体験しています。

 

この「自意識」が緊張の原因になっている方への対策は、

意識を「自分」から「聞いている人」へ移すことです。

 

人前に立って話しながら、

 「自分が失敗しないだろうか」

 「自分は評価されるだろうか」

 「自分は…」

と考えている限り、最後まで緊張は解けず、思うような結果を出すことができません。

 

そこで、「自分」ではなく、目の前にいる「聞いている人」に意識を向けて、よく見てください。

 

 「今の自分の話し方で理解できているかな」

 「メモを取っている人がいるので、それに合わせてゆっくり進めよう」

 「今の話は分かりにくかったみたいだから、補足で説明しよう」

 

という具合に、とにかく、聞いている人のために一生懸命考えて話すのです。

 

自分の心の中の主役が「聞いている人」に変わった時、自分が緊張していることさえ忘れられると思います。

 

2.自信がない

元々、話すことに苦手意識のある方や、本番までに準備時間が充分に取れなかった方などは、

「自信がない」ことが緊張につながってしまうでしょう。

  • 「何を話せばよいか分からない」
  • 「話さなければならないことが、頭に入っていない」
  • 「練習できなかった」

など、その時々で、いろんな気持ちが出てくると思います。

自信がないことが、緊張の原因になってしまっている人は、なにより、

可能であれば準備・練習をすることが第一です。

 

準備としては

  • 原稿を書く、メモを作成するなど、ご自身の話しやすいように資料を作る
  • 補足説明が必要になることを想定して、本筋の原稿以外のことも考えておく

 

そして、練習としては

  • 本番と同様に、声に出して練習する
  • 前に人がいることをリアルに想像し、その人たちに伝えるように練習する

ことを納得できるまでやってみましょう。

 

また、物理的に準備・練習する時間が取れない方は、話し方教室のレッスンで、

  • 話すことへの抵抗や苦手意識を拭い去る
  • 話す経験を積む

ことでも、自信のなさからくる緊張を克服することができると思います。

 

最後は宣伝のようになってしまいましたが、当教室に限らず、専門家に習いに行かれるのも一つの解決法です。

 

3.子供時代のトラウマ

これは、あがり症の生徒さんのお話を聞いていて、原因の一つとして、

”子供時代の経験やトラウマ”が確かにあるな、と気付きました。

 

皆さんも、昔、学校でみんなの前で本読みをさせられたり、発表をさせられたりした経験があるのではないでしょうか。

この「させられた」という部分がポイントなのですが、

自分の意志や役割に関係なく、ただ単に授業の一環として「やらされた」という気持ちで、人前に立った経験が、

嫌な思い出を引きずることになると思うのです。

 

そして、学校での本読みや発表は、とかく「その人自身」に注目が集まりがちです。

  • 緊張して声も震えていた
  • 間違えた
  • よく噛んだ

など、話の内容ではなく、人そのものにみんなの意識が向きがちで、

その場で笑われたり、後でからかわれたりすることもありますよね。

特に周りから何も言われなくても、自分自身が「恥をかいた」と思ってしまうこともあると思います。

 

意義なく人前で話して(もちろん、授業として意味はあることなのですが、当時の本人にとっては意義がない)、

一身に注目を浴び、恥ずかしい思いをしたのであれば、人前で話すのに苦手意識が出るのも当然です。

 

このような経験が思い当たる方は、

大人になってから人前で話す時には、必ず役割や目的がある

ことをしっかりと心得ましょう。

 

そして、自分の役割や目的を、改めて明確にすると良いと思います。

例えば、

  • お客様に、商品の紹介・説明をする
  • 社員に対して、社内規定を説明する
  • 会議では、会社のために自分の意見を発信する
  • 面接では、就職・転職が成功するために自分のことを分かってもらう

など、当たり前だと思っていることでも、改めて心に刻むことが大切です。

そして、その役割・目的を果たすために、人前に立って話すのだ、という意識に変えていきましょう

 

話がきちんと伝わって役割・目的を果たせれば、ちょっとぐらい噛んだり、つっかえたり、声が震えたりしたって、取るに足らないことなのです。

 


皆さんの緊張の原因で、当てはまるものはあったでしょうか。

私は、どれも気持ちは分かりますし、自分自身の緊張の原因になっていることばかりだと思います。

でも、きちんと原因を理解して、対策を取っているから、緊張による失敗から逃れられます。

皆さんも、ぜひお試しくださいね。