話しているとマスクがずれてしまう方必見!マスクがずれない話し方のコツ【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

新型コロナの影響で、マスクをしながら話さなければならなくなりましたね。

ですが、マスクをしたまま話していると、どんどんマスクが上にずり上がったり、下にずり落ちたて鼻が見えてしまったり・・・

そんな経験ありませんか?

 

小さめの声でちょっと会話するだけなら、そんなことなくても、

仕事で、複数人に対して話をする場面や、顧客に対して説明しなければならないような場面では、

大きめの声でしっかりと喋ろうとしますから、マスクがずれてしまうことも多くなると思います。

 

少し話すごとに、マスクがずれるのは、本当にうっとおしいですよね。



ズレを直すために、毎回マスクを触ってしまうのも良くないですし、

仕事できちんと話す場面であれば、マスクがずれるのも、それを直すのも、見栄えが良くないです。

 

そこで、マスクがずれにくい話し方には、コツがあるんです!

 

マスクのずれにくい話し方とは

話していると、マスクがすぐにずれてしまうことには、

その人の顔の骨格と、マスクのサイズ・形・素材との相性など、様々な要因があると思うのですが、

そもそも、話をする時の顔の動かし方を変えてしまえばいいわけです。

つまり、唇・あご・口周りの筋肉をあまり動かさずに、話せばいいんですね。

 

表情豊かに話す人は、とても魅力的に映ることがありますが、

マスクをしている状態では、聞き手はそれを見ることができません。

 

反対に、表情豊かに話すと、マスクがずれてしまう・・・ことになりかねない状況になってしまいました。

 

そこで、目で気持ちを表現したうえで、マスクに隠れている部分は大きく動かさないで話すことが、マスクがずれないポイントです。

 

でも、口をあまり動かさずに話すとなると、言葉がはっきり聞こえないのでは!?という疑問が聞こえてきそうですが、

口を動かさないで、はっきりと話せる方法があるんです!

 

 

俳優さんやアナウンサーで、口をあまり開けていないのに、言葉がはっきり聞こえる人を見たことがありませんか?

 

私はあまりテレビを見ないのですが、最近ふと見て気づいたのは、俳優の水谷豊さんです。

「相棒」のドラマでの、長い説明ゼリフも、口がほとんど動いていないのに、明瞭に発音されています。

これは、まじめな表情だろうが、笑顔だろうが、関係ありません。

 

きっと水谷豊さんは、マスクをしたまま話しても、マスクがずれないんじゃないでしょうか(笑)

 

一番の見本は、腹話術

そして、マスクをしたまま話しても、マスクがずれない話し方の究極が、腹話術です。

腹話術では、口が動かなくても、言葉がちゃんと聞こえてきますよね。

 

腹話術は、唇や表情筋を動かして日本語の50音、特に「あいうえお」の母音の形を作っているわけではなく、

口の中の空間を広くとることで、口の中で形を作っているのです。

 

実際の腹話術では、顔の筋肉を全く動かさず、さらに声色も変えて演技をしているので、かなり高度な技なのですが、

そこから、「口周りをあまり動かさずに、はっきりと話す」という部分だけをならうと、

マスクのずれにくい話し方・発音の仕方になれます。

 

つまり、口を大きく開けたり、動かしたりして、はっきり話そうとするのではなくて、

口の中の空間だけを広げることで、はっきりと発音できるようにするのです。

 

口の中の空間とは

口の中の空間を、はっきりと認識して、話す時に意識できている人は少ないと思います。

 

ではまず、口を軽く閉じたまま、舌を、軟口蓋(いわゆる上あご)にベチャっとくっつけてみてください。

この時、口を真一文字にギュッと力を入れないように、口の横の力は抜いて行いましょう。

 

次に、同じく口を軽く閉じたまま、舌を、軟口蓋から離してみてください。

舌を大きく引き離さなくてもいいので、あごを動かさないようにやってみましょう。

 

あごが動くのではなく、のどが動く(喉仏が下がる)ように動かすのが良いです。

 

 

これだけで、口の中に空間が生まれたのがお分かりになったでしょうか。

舌と軟口蓋(上あご)がくっついて、そこに全く空間がなかったのが、

舌を離したことで、舌と上あごとの間に空間ができました。

 

この空間を広くとりながら話すと、マスクのずれにくい話し方ができます。

 

マスクのずれにくい話し方の練習法

まずは、これからマスクをつけて話すときに、先ほどやってみた「口の中の空間」を意識するようにしてください。


今まで意識したことのなかった体の部分ですから、意識することで動きが活性化していきます。

 

この「口の中の空間」を、口を大きく開けたり、あごを動かすことで作るのではなく、

“口の中”や”喉”の筋肉を動かすことで作り出せるようになると、完璧です。

 

練習法としては、口の周りの力を脱力して、上唇と下唇との間を1cmほどあけた状態(ちょっとだけポカンと口を開けた状態)で、

口を動かさずに「あいうえお」と言ってみましょう。

 

口の中の空間がせまいまま発音すると、「えええええ」に近い音になってしまうのが自分でも分かります

口の中が、横に平べったい状態だからです。

 

そこを、口周りに力を入れないで、明瞭な「あいうえお」に聞こえるように練習してみましょう。

さきほど作った「口の中の空間」を意識して行いましょう。

 

「あいうえお」がきれいに発音できるようになったら、もう少し長めの言葉も、口動かさずにやってみてください。


さらには、笑顔になって、でも口は大きく動かさないで、言葉を言う練習をしましょう。

 

これは、ものすごく訓練が必要なものではなく、

「口の中の空間」を自覚できて、自分で動かせるようにさえなれば、さほど時間がかかるものでも、難しいものでもありません

 

まとめ

このように、Withコロナの時代には、

  • マスクから出ている目は表情豊かに
  • マスクに隠れている口周りは、あまり動かさない

という話し方を身につけておくと、有益でしょう。


もちろん、マスクをしながら、大きく口を開けて大笑いをしたい時などは、したらよいのですが、

仕事でしっかりと話すような場面では、さほどマスクの中の、特にあごや唇を、大きく動かす必要性はないかと思います。

 

口周りやあごの筋肉を大きく動かして話す時と、動かさない時の、使い分けが大切ですね。

 

そして、この「口周りをあまり動かさずに、はっきりと発音する」というテクニックは、

マスクを着けていない時に、ハキハキと話すのにも効果のある方法です。

 

身につけておいてデメリットはありませんから、ぜひやってみてくださいね。