オンライン会議で、話がしっかりと伝わるコツ①【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

最近では、オンライン環境での会議や、セミナーなども増えてきたのではないでしょうか。

 

そこでよくある問題が、

オフライン(対面)の時と同じように話しても、伝わらなくなってしまう

ということです。

 

特にオンライン環境では、相手は周りに気をとられがちです。

 

ちょっと話が分かりづらくなってくると、顔はカメラに映ってはいるけれど、頭と心は上の空…になりかねません。

 

オンラインで話を聞き続けること自体が、対面の時よりも集中力が必要で疲れますから、

伝わらない話では、すぐに相手の心が離れてしまうのです。

 

オンライン環境で、話が伝わらない原因

オンライン環境で、今までの対面と同じように話しても、話が伝わらなくなるのには、以下のような原因があります。

 

  1. 話すスピードが速い
  2. 滑舌がはっきりしない
  3. 声が通っていない
  4. ダラダラと長い話

 

上記の中から今回は、「1.話すスピードが速い」という原因について、解決策と伝わるコツを書いていきます。

 

1.話すスピードが速い

対面で話している時と同じスピードで、オンライン会議やオンラインセミナーなどで発言をすると、

話が伝わりづらくなることは多々あります。

 

特に、元々ちょっと早口だったり、間(ま)をとらずに話を進めてしまうタイプの人は、お気をつけください。

 

オンライン環境で早口で話すことの難点

早口の人は、ただスピードが速いだけではなく、言葉の一音一音が認識できないほど短すぎて、所々、聞こえていないことがあります。

 

例えば、

『1週間後に完了します』

と言う時、ローマ字に分解すると、

i SSyu Ka n Go Ni Ka n Ryo Si Ma Su

となり、青字が母音です。

 

上記の青字母音部分や、「ん」、小さい「っ」、長音「ー」(伸ばすところ)を発音する時間が短すぎるため、

ほとんど音として聞こえなくなったり、そもそも発音さえできていないことがあります。

 

そうすると、対面で直接届く”音”であれば、聞き取れていた言葉が、オンラインでの音声品質では、聞き取れなくなるわけです。

 

音声サンプルでお確かめいただきましょう。

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

 

一般的なスピードの場合

 


早口で、母音・「ん」「っ」「ー」が短い場合

 

話している本人は、言葉を発音しているつもりでも、聞き手からしたら音として認識できないところがあるため、

オンラインでは、何と言っているのか理解が難しくなります。

 

オンライン環境で間(ま)をとらずに話すことの難点

聞き手が、聞いている話が「速い!」と感じる原因として、早口で一音一音が短いほかに、

話(一文)の途中や、話が次のトピックに移る時に、間(ま)をとらない話し方をしていることが挙げられます。

 

つまり、文章でいうところの、読点「、」のところや、句点「。」の後に、間(ま)をあけずに、

すぐに次の言葉を言ってしまうのです。

 

このような話し方は、対面でも、聞き手は話の内容を処理するのに苦労するのですが、

オンライン環境となると、もっと深刻に伝わらなくなります。

 

まず第一に、オンライン環境での音声品質では、部分的に音声が小さくなったり、途切れたりしがちです。

 

その状態で話を聞くのは、対面の時よりも集中力が必要で、わずかなストレスを感じます

 

そこに、間(ま)をあけずに、次々と情報(言葉)を発してしまうと、

聞き手は、頭の中で情報の処理が追い付かず、話を聞いていることが苦痛になってしまうのです。

 

オンライン環境で最適なスピードで話すコツ

オンライン会議や、オンラインセミナーなどで発言する時には、

対面して話す時よりも、ゆっくりめに話すほうがいいのはもちろんですが、

その際には、「一音一音の長さ」と、「間(ま)」を意識して、話してみましょう。

 

一音一音の長さでは、母音をちゃんと発音できるだけの余裕が持てればよいのですが、

初めは、言葉の

  • 「ん」
  • 小さい「っ」
  • 長音「ー」(伸ばすところ)

が短くならないように、意識して発音するところから始めてください。

これを意識したペースで話すと、母音部分も短くなりにくいです。

 

また、話の「、」のところでは、直前に発言した言葉が、聞き手に届いているか確認する気持ちで、間(ま)をしっかりとりましょう

 

さらに、話が次の話題に移る時には、聞き手に「ここまでの内容は問題ないでしょうか?」など、問いかけて、

実際に明確な返答がなかったとしても、話の”ブレークタイム”を作りましょう。

 


オンライン環境で、対面時と同じ速いスピードで話す人は、”気遣いのない人”と思われても仕方ありません。

 

聞き手の気持ちが逸れやすいオンライン環境だからこそ、一層、聞き手の立場になって、ストレスを与えない話し方をしたいものです。

 

 

次回は続きとして、オンライン環境で話が伝わりづらい原因の2つめ、

「2.滑舌がはっきりしない」について書いていきます。

引き続きご覧ください。

オンライン会議で、話がしっかりと伝わるコツ②