滑舌を良くして印象も良くなる!聞き手に言葉がはっきり届くようになる練習法①【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

皆さんは、話している人の言葉が聞き取れず、「今、なんて言ったんだろう?」と思った時、どうされますか?

少人数の、気軽に話せる人との会話であれば、

「え?なんて言ったの?」とか

「もう一度言ってください」と、内容を再度確認できるでしょう。

 

ですが、そんな風に質問を挟めない環境だったら・・・?

おそらく、適当に流してしまったり、前後の文脈をもとに頭を働かせて、後になって「あぁ、そう言ってたのね」と分かったりするのではないでしょうか。

 

このように、言葉がはっきり届かないことが多くあると、聞いているほうはストレスを感じますし、

話している人に対しての印象も悪くなります。

 

話し手からすると、せっかく一生懸命話していることが、聞き手に届いていない上に、評価も低くなるという残念な結果になってしまうのですね。

 

“言葉がぼやけている”とか、”はっきりしていない”原因の一つ目として、

話している時に「口の中が開いていない」ことがあります。

そこで、今回は、口の中を開いて、言葉がはっきり聞こえるようになる練習法を書いていきます。

 

これはあくまでも、”口の中の空間”のことであり、見た目として”口”を大きく開ける方法ではありません。

 

  1. 口を動かさずに母音の練習
  2. 腹話術で話してみる
  3. 口を自由にして話してみる

1.口を動かさずに母音の練習

まずは鏡を用意して、鏡を見ながら行いましょう。

 

口を軽く閉じた状態から、唇と口周りの力をぬいていき、脱力してポカンと口が開いている状態にします。

(上唇と下唇の空間が、1cmほど開いているのが良いです)

 

そのまま唇と口周りの表情筋の力をぬいた状態で、口の動きを静止したまま

『あ い う え お』

と言ってみて下さい。

 

自分の耳で聞いて、きれいな「あ・い・う・え・お」に聞こえましたか?

なんだかつぶれたような「え・え・え・え・え」に近い発音に聞こえてしまった人は、

普段、口の中の空間が狭いまま話していたり、口の周りに余分な力を入れて話している可能性があります。

そうであれば、言葉がはっきりしなかったり、噛みやすくなったりするでしょう。

 

そこで、自分の耳で聞いて、はっきり「あ・い・う・え・お」に聞こえるようになるまで練習しましょう。

いわば、腹話術の練習です!(笑)

 

 

唇と口周りの表情筋の力をぬいたまま、はっきり聞こえるようにするためには、口の奥の方を意識します。

口の奥をなんとか開いて(唇は静止したままなので、初めは結構頑張って奥の方を開く意識が必要です)「あ・い・う・え・お」を繰り返していきましょう。

 

少し、鼻の方に音が響く感覚があればOKです。

ただし、鼻の方に息がもれる”鼻声”になってはダメです。

 

聞いてもらえる人がいたら、腹話術で「あ・い・う・え・お」がはっきり聞こえるか試してみてください。

”なんとなく聞こえる”レベルではダメです。

はっきりと聞こえるまで頑張って、口の奥を動かす筋肉を鍛えましょう。

繰り返しになりますが、唇や頬には、絶対に力が入らないように注意!です。

 

たまに、口を動かすまいと、歯をぐっと食いしばって頑張ってしまう方もいるのですが、それもやめましょう。

口周りは脱力!が基本です。

 

腹話術とはいえ、違うキャラクターの声を作らないようにしましょう(笑)

自分の自然な声で練習しましょう。

 

2.腹話術で話してみる

腹話術で、母音「あ・い・う・え・お」がはっきりと言えるようになったら、

次は、少し短めの言葉で練習してみます。

 

できれば、「マ行」「ワ行」「バ・パ行」が入っていない言葉がいいです。

これらの音は、唇を動かして発音するからです。

 

では、以下の言葉を腹話術の口のまま、言う練習をしましょう。

 

『お母さんが お団子を買って 銀行に行った』

『お姉さんは 年々きれいになる』

『離れて気づく母心。親の心、子知らず』

『安い八百屋は、今日は閉店だ』

『赤ちゃんスヤスヤ ゆりかごをゆっくりと揺らす』

『皿を洗うのはツライ家事だ』

『連絡をくれなきゃ行けないじゃない』

口を動かさず、口の奥を開くことで、はっきりと言えるようになるまで行います。

 

「さしすせそ」「らりるれろ」などはを動かしますが、

唇を静止して脱力したまま、舌はしっかりと動かして使いましょう。

 

唇や口周りの表情筋に無駄な力は入れないけれど、舌は適度な力でしっかり動かす練習は、はっきりと話すためにとても大切です。

 

3.口を自由にして話してみる

上記で、腹話術でも、口の奥に空間を開けて、はっきり発音できるようになったら、

今度は、唇の静止を解放して、口を自由に動かせるようにして話してみましょう。

 

◆腹話術で『あ・い・う・え・お』を5回 → 口を自由にして『あ・い・う・え・お』を5回

 

◆腹話術で『皿を洗うのはツライ家事だ』を5回 → 口を自由にして『皿を洗うのはツライ家事だ』を5回

 

という風に繰り返してみましょう。

 

唇の静止を解放する時のポイントは、”口を意識的に動かす”のではなく、”口を自由にする”です。

 

あくまでも基本は、最初に練習した「口の奥を開けて発音すること」なのです。

 

口の奥を開くのにつられて、唇や口周りの筋肉が自由に動くようになるのが理想です。

主導となるのは「口の奥を開く」方です。

唇や口周りが自由に動くためには、当然ムダな力が入っているとうまくいきません。

 

ここでも、”脱力”は大切なのです。

 


この腹話術風の練習法は、レッスンでも、かなり即効性があります!

少しやっただけで、すぐに言葉がはっきりするんです。

 

ただ、持続性はないので、体がこの発音方法を覚えて、自然とできるようになるまで、

または、自分で口の中の空間をコントロールできるようになるまで、続ける必要があります。

 

体の感覚の良い人は、口の奥を開ける感覚をつかみやすいと思いますので、上達も早いです。

今まで意識することのなかった、”口の中を開いて話す”という動作を身につけましょう。

言葉が明瞭に聞こえるようになり、印象も良くなりますよ。

 

さて、言葉がはっきり聞こえない原因は、他にもあるんです。

滑舌を良くして印象も良くなる!聞き手に言葉がはっきり届くようになる練習法②

に続きを書きますので、ぜひ上記リンクからお読みください。