人前で説明する時の、最適な”話す速さ”が分からない原因【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

皆さんは、自分の説明の”速さ”は、適切だと思われますか?

 

他人から「早口だ」とか、「ゆっくりマイペースだ」と言われたことがある人は、ご自身で自覚されているのかもしれませんが、

特に何も言われたことがない、そもそも人前で話す経験が少ない人は、話す”速さ”って何が正解なのか、頭をひねってしまうのではないでしょうか。

 

まず、前提として、説明する時の「話す速さ」と、「話を進める速さ」は、違うことを分かっていただきましょう。


聞き手の体感としては、どちらも『速い!』なんですが、細分化していくと、原因が違うのです。

 

“話す速さ”とは

話す速さは、“発音していくスピード”です。

話す速さが”速い”人は、一つの単語(言葉)を言い終わるのが速かったり、一文を言い終わる時間が短いんですね。

ですから、聞き手からすると、言葉が聞き取りづらくなりますし、

一文の中でたくさんのことを言われると、理解が追い付かなくなります。

これは単純に”早口”と言われる人ですね。

 

逆に、話す速さが”ゆっくり”な人は、舌足らずでタラタラと喋ってしまうでしょう。

緩慢で締まりのない印象や、幼い印象を与えてしまうことが多いです。

 

“話す速さ”を最適化するには

最適なスピードで話せるようになるには、話すための呼吸を身につけていただくのが、一番だと思います。

 

つまり、腹式発声で話せるようにするんですね。

腹式発声は、吸った息を、腹筋で調整しながら使っていきますので、”話す速さ”を自分で調節しやすいのです。

 

話す時の呼吸のペースを体に覚えさせることが大切です。

説明する時に、最適な”話す速さ”が分からない、もしくは直せないのは、

話す時の呼吸ができていないから、と言えます。



ご興味のある方は、下記リンクからどうぞ。

伝わる話し方の基本!「話す時の呼吸」を身につける練習法

 

“話を進める速さ”とは

もうひとつ、”話を進める速さ”についてです。

 

話を進めるのが”速い”人は、早口ではないのに、10分の内容を7分で話し終わっちゃった、という状態ですね。

 

すなわち、一つの内容(要点)を話した後に、間(ま)を開けずに、次の内容を話してしまうんです。

話す内容を文章で書いた時に、読点「、」や句点「。」のところで、ほとんど間(ま)がないということです。

 

反対に、話を進めるのがゆっくりマイペースな人は、考えるための間(ま)をたくさん取ったり、

同じ内容のことを、ムダに繰り返していたりすると思います。

 

最適な”話を進める速さ”に正解はない

最適な速さで話を進めるには、なんといっても、聞き手の反応をしっかりと見ることです。

聞き手が変われば、毎回、”最適な進める速さ”も変わるのです。


 

聞き手が理解できているようであれば、次の内容にすぐに進めばいいです。

 

ですが、反対に、メモを取っている人がいたら、書き終わるまで待つ、

理解・納得のいかない雰囲気であれば、要点を言い換えて、もう一度説明する、など、

その場その場での対応が必要です。

 

話を進める速さが分からないのは、聞き手の反応をしっかり見る・感じることをしていないからです。

 

まとめ

人前で説明する時には、「発音していくスピード」と、「聞き手の反応」とを意識しなければなりません

この2つが出来ないと、最適な速さが分からないまま、自分のペースで話してしまうことになります。

 

説明する時の”速さ”は、話が伝わるかどうか、理解してもらえるかどうかに大きく影響しますので、

おろそかにしないようにしましょう。

人前で説明する時の、最適な”話す速さ”が分からない原因【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。